ArtArtArt

様々なこと 思い出す 桜かな (芭蕉)

様々なこと 思い出す 桜かな (芭蕉)


桜前線という言葉がある
桜の追っかけとでもいおうか
これは
南北に伸びた日本列島を
桜を追いかけ
愛で続けたいという思いが作り出したものだろう

天気予報を調べるように
春になると
テレビで桜前線を注意して見ている
ああ、今、~県では満開なのだなぁなんて想像する
想像するだけで
~県と一体感を感じたり、少し満足したり安心したりもする
思えば、不思議な感情だ
その上
どんな風に見事に咲いているのかと
出不精な自分まで
フイに
桜を愛でに
其処へ行ってみたくなったりもする

外国にも、勿論桜の木はある
当たり前のことだが
日本と同じく桜は
美しい
しかし
日本で見る桜は一味も二味も違う気がする
何故一味二味違うのか
う~ん
言葉をみつけられないょ。。。
(もしかして、外国には桜前線なるものが存在しないせいかなぁ~ と、いうよりは
そういう桜の環境に関係あるのかなあ)

芭蕉の句に戻ろう
桜は、確かに
さまざまなことを思い出させる
この句に思いを馳せていたら
自分が
毎年
違った思いで桜の木の下にいる事に気づいた
桜は
何時も何処でも同じように咲いているのに
そして思い出だって、変えようもないというのに

桜の木の下で
わたしは
毎年
チョットづつ違った心を持つのだ

話は違うが
古木はいうに及ばず
夜桜には参ってしまう
まるで
夜の海をみているようではないか。。。

マタマタ話しは違うが
桜はやっぱり
一人で見るのがいい

昨日、夫は一人で上野公園まで足を伸ばし桜見物に出かけた

上野駅は、その出口から公園まで行列が出来、人人人で大混雑

千鳥が縁の緑道に入るまでには
駅から30分も待ったそうだ

六義園にもいこうとしたらしいが
NHKで流したライトアップが美しいという夕べのニュースの影響からか
入場券を買うのに、約1キロの行列が出来ていたそうだ
これには、さすがに
恐れをなし
諦めて
帰宅した夫曰く
桜を見るのも容易ではない

サテ
わたしは。。。
偶然
目に留まった桜が
今年の桜ということにしておこっと~
[PR]
by artartart100 | 2008-03-30 18:44
<< タンポポと桜 極上の春 >>



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧