ArtArtArt

<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

バラのカップ

バラのカップ

ここ、数年で
器を沢山作った

今頃になって
やっと
バラのカップでコーヒーが飲みたい、
自分用のカップを創りたいと
思うようになった

やっと。。。。って
書いてみて
われながら不思議な気分だ

生徒さんの多くは
まづ、最初バラの柄で自分のカップを作るのがフツウ。。。

(気づかないうちにだけど)
わたし
何処かで
一般受けするバラに対して
ナナメに構えていたのかナ?

生徒さんが作るものに対しては
岡目八目よろしく
なんだかんだと指導してきたのも
厚かましくも不思議な話だ

今になって
自分カラーが強く出てない作品に
素直に美しいッ
と感動出来るようになったのかもしれない

カップにもソーサーにも
カラフルなバラをてんこ盛りに絵付けして
出来た器には
好みの飲み物を注ぐのだ

モチ論
この季節
コーヒーは
ホットだモ~ン

そんな事思うだけでも
少し幸せになれるなぁ~

今朝は
早起きして
バラのマイカップで
インスタントコーヒーを
たっぷりと頂いた

嬉しい!
[PR]
by artartart100 | 2008-11-30 08:39

ソンナ。。。

ソンナ。。。。

今日は
母のジャケット探しの日だ
が・・・・
ないない、ないのだ
ドレモコレモ
若い顔が上に乗っかっていなければ
お話にならない服ばかりだ~

ソンナ。。。。ぁ

脱ぎ着が楽で
暖かい雰囲気のモノを探そうと
家を出るまでの
勢いはよかったのだが。。。。
そんな。。。。バカな。。。。というくらい
無い

しかし
悔しい
なぜ見つからないんだぁ~
悔しいから
粘りに粘っていたら
最後のブティックで
見つけた

根性で見つけた

とはいっても
フェザージャケットではない

残念だが
フェザー系は
諦めざるをえまい
カンベンネって
思いで
岐路に就いた

夜になって
のんびり
服をながめていた
そうしたら
ドライバーで付き合ってくれた夫曰く

母色の服を見て
アレッ
この服、昔、君のお母さん同じモノ着ていなかった?
ですって

まったくネ
見れば見るほど
平凡な服です

デモ
フントニ、夫の言うように 母は 昔
コレと同じ服を着てたんだろうか?

キャ~ッ
自信なくなってきた~
[PR]
by artartart100 | 2008-11-29 19:39

母色の服

母色の服


母は色白なので
何色の服でも
なんとか着こなすことができる

しかし
本人は、自分には
レンガ色とか
ダークレッド系が
似合うのだと思い込んでいる
それ以外の色のものは、自分の着るものではないと
思い込んでいるフシさえある

言い出したら聞かない母だから
子供たちは全員
うん、
そうだね、という風に相槌を打つしかない
わたしの知る限り
いつだって母の着る服は暖色系と決まっていた
まあ、タシカに
それは
似合っているような気もする

今年の冬は寒く感じるらしく
暖かい服を所望している

部屋着に
羽が入ったものなんかどうだろう?
軽くて暖かいのではないかと思う

100歳に近くったって
好奇心と
オシャレ心は
健在な母のこと
初めての素材のモノにであったら
どんな
コメントをつけるかしら?

明日は
数店舗、頑張って探して見ようかナ

気に入れば
いつも
猛烈にうれしがってくれるのだ
その
顔をみるのがたのしみだ

街では
若者の洋服が多い (ばかり。。。。) から
着易さ重視のものを
探すのは、難いと思うのだけど

母色のフェザージャケット
是非見つけたいと思っている
[PR]
by artartart100 | 2008-11-28 19:53

夏越え

夏越え


シクラメンが始めて
夏越えした
毎冬、買ったり、頂いたりして
一冬一緒にすごすシクラメン

春の終わりには庭に出す
なにがどう下手なのか
庭に出したシクラメン
気が付けば
茎も葉もすべて
溶けてなくなっている

数日前のことだ
霜に当てられない花鉢を2~3
屋内に取り込んでいたら
アレッ
もう、とうにダメになったはづのシクラメンに
生き生きとしたグリーンの
葉が
5枚も付いている

ビックリ!

溶けなかったんだ
夏の間がんばっていたんだ

早速
球根にくっついたヒゲ根から土をはづし
キレイな鉢に移し替えた
ホカホカな土も増やし
暖かい所に移した
勿論、肥料も入れた

今朝には
小さな葉が一枚増えていた

葉が6枚になった
このぶんでは
どうやら、夏越えは成功したらしい

朝、カーテンを開け
鉢を
のぞきこむ
そして、6枚の葉を確認

嬉しかった。。。。

けなげに暑い夏を乗り越えた
コノ鉢
もしかしてお正月には
花を咲かせてくれる気かしら?

イヤイヤ
無理しなくたっていい
葉っぱだけで充分だヨ~
生き残ってくれただけであったかいのです
うれしいんです

ドレ
植物図鑑で
シクラメンの
お手入れ法でも
勉強してみようかナ

(生徒さんが午後からになったので、植物の世話をした。世話しながら歌を作った
鼻歌で結構楽しい。新発見だ~)
[PR]
by artartart100 | 2008-11-28 11:19

雨の音

雨の音


雨音で目が覚めた
起き出すには早すぎる時間だ

ず~ッとインドのテロが頭にあった
さっき
娘の声を聴き
ほっとした

なにかと
気になったり心細くなったりして
お世辞にも
タフとはいえないナ

食事の用意をしたり
掃除したり
洗濯をしたり
誰かの身を案じたり
少しばかり家計の足しになることをしたりの毎日

ガッカリしたり
落ち込んだり
膨れたり
笑ったりしながら
ただ静かに
年を重ねていくのか?

それでいいんだという思いと
それだけでは
イヤだという思いが
いったりきたりしている

平和を望めば
我慢が先立つ
闘いはあとが
しんどい

怠け者の一生とはこんなものなのか?
不思議なのは
朝になると
さあ~って言う元気が又帰ってくることだ

何というか
その辺はタフなのだろうか?

さあ~
今日は朝から仕事だ!

体力保持のため、明るくなるまでゴロゴロしてましょう

とりあえず
寒いし。。。。。
もう一回
布団にもぐって
ネコと遊ぼう~!
[PR]
by artartart100 | 2008-11-28 02:32

仲直り

仲直り


街中か、何処かで、フイに出会ってしまうんじゃないか?
ず~と
ソンナ気がしていた
嫌な感じだ

変だよね
出遭ったら
逃げ出したくなる人がいるなんて。。。。
ソンナ人
ワザワザつくらないほうが楽なのはハッキリト
これで
わかった

まあ
一時ちょっと、キライになった人ではあるけれど
今では街で出会って
逃げ出したいほど
キライじゃないナと
自問自答しているうちに
分かったのだ

憎シミを持ち、ソレを段々と募らせていくのとは
反対に
私の場合
気まずかった事も
カチンときたことも
プン~ッとしたことも
時間とともに
段々
薄まってゆく

考えればいつものことだった
(自分もわるいところがあるし。。。。)

それなら
はじめから腹を立てたりしなければ
いいのに。。。。
頑張って、腹を立てる
時には、泣いたり怒ったりもする

あぁ~なんと
これがわたしの現実なんだなぁ~

サテ
善は急げ~
クヨクヨしてるほど時間の持ち合わせは無いし・・・・

自分から電話をかけることに決めた
決めたら早い
電話の呼び出し音
はいはい
すぐに彼女の声がした
もしもし
聴きなれた声だ
。。。。。。。。。。。しかし

次ぎのコトバで
ゴメンネといわれたのには。。。。

参ったなぁ~
でも
あ^よかった~
自分から電話して。。。。

胸をなでおろす

だって、向こうから電話をいただき、のっけから
謝られたら、なんと言っていいかわからない
せめて自分から電話ができてよかったッ~

ゴメンで済むなら警察はいらないというけど。。。。
警察なんて要らないサ (笑い)

小さなケンカが終わって
スッキリした

自慢じゃないが
わたしは

楽しい気分だ~
[PR]
by artartart100 | 2008-11-25 19:25

茶の花

茶の花


茶の花は椿の仲間だそうだ

茶の花といえば

実家の田舎にあった茶の道を思い出す

それは

玄関までの両側の小道に

行儀良く並んで植えられていた

冬になる頃

いっせいに

小さくて白い花をつける

花は小さいが、かしんは派手だ

黄色が花から飛び出しそうなほどに。。。

時には

花びらまで

黄色っぽく染まって見えるときすらある

蕪村にこんな句がある


茶の花の わづかに黄なる ゆうべかな   (蕪村)
[PR]
by artartart100 | 2008-11-22 17:22

看板娘

看板娘


数十年前、姉の家の庭から
手折って貰った椿の苗木
小さな箱に入り
新幹線に揺られて千葉の地に到着した
以来
我が家の
庭で
毎年花をつける

白の花は減ったが
赤が見事だ

毎冬
小さな庭で
看板娘として
枝を張り、花を咲かせるようになって久しい

10年ほど前に
お向かいさんの
玄関花にピンクの山茶花が植えられた
それが
まあ
毎年コレでもかというほど
花を一杯つける
いつものコトながら
咲き始めは気づかないが
散るのを見て
初めて
あ^もう、山茶花が咲いていたんだと気づく

軽やかで
儚げな花

ソノ頃我が家の椿は蕾が固いままだ

今年もソンナ頃を迎えた
前のお宅では
例年通り
ハラハラと花びらを散らせながら
山茶花が咲いている

見れば見るほど

軽やかで
儚げに見える花だ

さあ、そろそろ
看板娘もお出ましの準備をしている頃だ

昨日、庭で
プーッと膨らんだ蕾をいくつか見つけた

今年は、早いかもしれないなぁ~
[PR]
by artartart100 | 2008-11-22 14:04

ネコ自慢

ねこ自慢


ニャンジはやりたい放題にしてそだてたせいか
お行儀が悪い
勿論
人間のものさしで図ってのお行儀云々なので
ねことしては
言い分もあるとは思うが。。。。

食事の時には
当然のようにして
テーブルの上だ
家族3人の真ん中に陣取る
いすには座らない

カレは偏食で
ねこ飯しか食べない
人間食はおろか
猫のカンズメもダメで

ねこパラだけを食べる

勿論私たちの食事には何の興味もしめさない
ただ
眺める
私たちがたべるのを
時々、首を振って眺める
皿にもられた料理の匂いをかぐ為、首を伸ばしたりもする
大真面目に覗き込むのだ
カレとしては
食事の輪のなかに参加するのがモットーらしいのだ
退屈になれば
時にはテーブルの上でおしりなどを舐める

コレダ!
これが
困ったものだと思うのだ
3月にはイタリアから婿殿の両親が我が家に滞在するから。。。
 (。。。以前の問題だ)

う~ん
テーブルマナーの問題では多分。。。。ないと思う

ニャンジはねこだから遠慮というものが無いのは
当然だ
ネコがテーブルにあがるのも
肩身が狭い

いつ足を上げ、おしりをなめだすか
分かったものではない
これが、大問題だ

肩身の問題ではなくなっている~

それは。。。。困る

夫の性分は、ネコだからといって諦めない
一週間ほど前からしつけが始まった
わたしは、お手あげのままだ
食事時
テーブルに上がっているニャンジに
夫は
指差しダメッをした
当然ニャンジはめんくらったが。。。。。。

なんて賢いニャンジだろうか
2~3回それを繰り返したら
モウテーブルにあがらなくなった
そのかわり機嫌よく(?)
空いている
イスに座るのだ

賢いといって、夫はニャンジを見直したようである
これには
なにもしてないわたしだが
なんとなく
鼻の高い思いだけはしている

そうそう
昔からニャンジは賢い子だったのよ
なんて
いいながら。。。。ニヤニヤ

エライゾ!ニャンジ!

賢いぞ!ニャンジ!
[PR]
by artartart100 | 2008-11-22 00:08

パチン

パチン


最近忙しい
そのたび
もうすぐ師走だからなぁ
と思う
師走は忙しくて当たり前だから
なんだか
ちょっと
先を行ってるようで
気持ちよく忙しさを納得しているのだ

カクカク左様に
なんでも思い様一つなのだが
その思いを上手にあやつれないことがある

パチンと型にはめようとする人と対峙するときだ
母なのに(独り者なのに)
年なのに(若いのに)
女なのに(男なのに)
ブスなのに(美人なのに)
貧乏なのに(金持ちなのに)

それがどうした?

口には出せずになぜか落ち込む
そんな時には
交通事故にあったつもりで
パチンさんが通りすぎるのを待つのみだ

外国暮らしが長いカラヨ
(口が歪んで見えます)
パチンさんが言う。。。。。

後のコトバはもう忘れた

忙しいので
忘れた

わたしのまえから
意地悪さんはパチンと消えた
[PR]
by artartart100 | 2008-11-21 21:02



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧