ArtArtArt

<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

やっとこせっとこ

やっとこせっとこ



方言なのだろうか

子供の頃よく使ったことばに(やっとこせっとこ)というのがある

(やっとこせっとこ出来上がった)とか、(やっとこせっとこなおした)とか

大変なことをなし終えた時に使うコトバだ

最近になってこのコトバが胸の中でグルグルと回っているのに気づいた

そのコトバまだ口には出せないでいるが。。。。

わたしにも

いわゆる、方向性がやっとこせっとこ見えてきたのだろうか?

なにかにつけ、同じことばかりが思い出されて苦しかったのが

たとい、藁一本にすがってでも、現状を取り繕いたいというおもいが出てきたのは確かだ

しかし、一体

誰に対して取り繕いたいのか?

う~ん

ソレはもしかして未来の自分になのかもしれない

あるいは、愛する人たちに対してなのかなあ~

多分、両方かしら。。。と思う

別に取り繕う必要も無い人達にだから、まあ、笑えますケドネ

今までの自分と向き合うことなくしては、始まらないのが繕いごとだ

反省したついでに、がっしゃ~んと全てをとりかえることはできないものか?

繕うのは大変だもの!

取り替えたり、全てを捨て去るほうが楽だと思う

でも

わたしの選んだ道は、繕ったり、拾ったり、捨てたりしながらの

ボチボチとした道

やっと

見つけたこれからのわたしの道は笑顔のロタとの二人ズレ

やっとこせっとこ見つけた道。。。。。

この道は

ロタと相談しながら歩くのだから

笑顔の多い道にしたい!

やっとこせっとこ、ここまで来た

口に出していえるようになるのは

いつの日かなあ~
[PR]
by artartart100 | 2010-09-25 09:58

貯金で夢

貯金で夢



お寺さんで募金運動をしている

ビルマに学校を建てたいとの一心から始まった募金運動だそうだ

そのニュースを知って夢が出来た

そこで。。。。。。

チョットシタアルバイトを始めている

(年金や夫から貰ったお金を倹約して右から左へと

募金しても意味が無いと考えたからだ)

アルバイトはまあまあ。。。。。。

少しずつ小銭がたまってきた

カンが一杯になったら送金したいと思っている

そのための絵を描いていると

これはアルバイトだと実感があって、嬉しい、楽しい

速く、カンが一杯になって送金したいなあ~

優しい声のご住職さん

よく頑張ったねってほめてくれるかなあ~ (笑)
[PR]
by artartart100 | 2010-09-23 20:15

あれ!

あれ!



平和公園、お彼岸には込み合うので、早朝でかけることにしています

と、ナニカの折に聴いたご近所のだれかさんの言葉を思い出し

ここ数日は、公園開門の8時半を目指して家を出るようにしている

お彼岸が始まると

近くの信号から始まって公園のアチコチに、いつもに無く

ガードマンさんが立っていてビックリ

ロタがいった言葉が思い出される

(ガードマンさんに挨拶しろよ

挨拶されると、案外嬉しいんだぜ)

。。。。。泣けるなあ~


今朝は夜半から、雷さんのお出ましがあったり

激しい雨になったりと随分怪しい空模様だ

12号台風が近づいている

台風王国、被害のことを考えれば

のんきに久々の雨と喜んでばかりもいられないのだが。。。。。

取り合えづは、朝から涼しくて

爽やかな目覚めが、有り難い

さて

夫の体は

日々元気になってきているとは言え

まだ、万全とは言いがたい

時折ピリピリと痛みが走るらしく

そのピリピリの胸をさすりながら

さっきから

う~ん、今日はどうしようかなあ~と迷っている

窓の外の雨を渋い顔で眺めての思案顔



時間になると、ヤッパリ出かけようということになった

手際よく出かける準備をして戸締りをする

玄関の鍵をしめていたらいきなりの雷雨にビックリ!

風も結構吹いてきた

お線香もっていっても無駄じゃないのかい?

まあ、お線香もお花も無駄でもイイヤと思いながらでかけルコトにした

物凄い大荒れになってきたら途中で引き返そうとも思っていた

無理スンナよってロタの声がきこえたような気さえしていた

が、しかし

あれれ!

不思議なことに、公園の南門に着くや否や

パーツと陽が差し込んでくるではないか

なんだか嬉しくなって、ウキウキと

花の水を取り替えていたら

オマケに真っ青な空と暖かい太陽が

私たちを包んでくれたのだ

ロタのお墓には

今日も、だれかが尋ねてくれたお線香の痕があった

菊の花一本がしずかに

わたしたちを迎えてくれた

なんて嬉しい事でしょう!

それを見て

夫までも、私とともに感動している

お墓参りがこんなにもありがたいものだとは

しらなかったなあ~

帰宅したら

また

雷が鳴りだした

大粒の雨が叩きつけるようだ

半そででは、雨に濡れた腕が肌寒い!

激しい雨と風が私に遅い秋を告げているのでしょうか?

さながら

昨日は猛暑、今日は晩秋

小さい秋見つけたどころはないなあ~

ブルブル。。。。。

さむつ!
[PR]
by artartart100 | 2010-09-23 12:19

階下

階下



ボクの病気はどうやら

水疱瘡と関係あるようだから、君に移らないとも限らない

二人してイテテ。。。。では話にならないから

今日からは、離れて休みましょう

夫の提案は実行に移された

(移らないってヨ)って力説して

見つけた情報を示しても

最初から夫はテコでも譲らない構えだった

理屈より

安心感の方を優先するのだから、いたしかたないの一点張り

理屈といってもワタシノソレは

お粗末なものではある

自慢じゃないが

家庭の医学とパソコンからの知識を少少、それに娘からの電話情報。。。。

それに加えて、頼りない体験談も少少

母も弟もこの病気元気に乗り越えているし

友人からの情報は主に過去形で話され、痛かったわよとか

いかにかいがいしく看病したかに焦点があてられるばかりだ

質問には口を揃えて

移るう?。。。。大丈夫よ~

まあ、こんなふうだ

これらは、すべからく夫の欲しい安心感とは程遠いのだ

夫がそう望むなら、そうしたほうがイイカモ。。。。。

体よく二階の寝室を追い出されたカタチになった


一昨日の夜からはネコと階下で寝ている

ニャンジは(なにごとかあ)といわんばかりの野次馬ぶりで
(野次ネコ)
わたしのまわりをウロウロと落ち着かない

私だって枕が替われば落ち着かないのは一緒なんだけどなあ ブツブツ。。。。。

寝入りばな、夢でロタに会った

夢の中のロタはまだ少年にもなっていないほどのチビだ

わたしの布団に入ってきて、となりで、もうすやすや眠っている

そんな状況は暑苦しく、狭苦しいのに、私といえば不思議な満足感

オヤ、なにかがヘンだと思って。。。。。すぐに目が覚めた

ニャンジがソコにいたのだろうか?

朝には少し早い時間だったけど、ベッドから離れることにした

落ち込んで自信のない一日がはじまった

幸いイロイロと予定があって忙しくしていたから

バタバタと時間も速く経った

あ^もう夜だ!

夕食の後

帯状疱疹の痛みの無い時を選び、夫と (信じる) と言うことについて話し合った

。。。。。。。。。。。。。

夫は、私には勿体無いない人かもしれない。。。。

かも。。。。ではないかもしれない。。。。。

しれないではなくて。。。。。。

断言。。。。だなあ  (ここだけの話だけど)
[PR]
by artartart100 | 2010-09-20 01:10

帯状疱疹

帯状疱疹



昨日あたりから急に猛暑が去った

頑張って少し体を使うと、クラクラして汗がだーだー流れていたのだが

今日はじっとしているのが勿体無いような爽やかな一日になった

どうやら、日本中に居座り続けた長い夏ともオサラバの時がきたようだ

夫が帯状疱疹になった

お医者さんからは速く見つかってよかったねと

今朝、薬を頂いてきた

体の不調に病名が衝いたので

薬を前にして、二人して、なんだかほっとしてしまう

病気になってほっとするなんていうのもヘンな話ダケド

なにがなんだか理由のわからない痛みって薄気味が悪いものだ

夫の帯状疱疹は体に

はっきりとした印(赤みや水疱瘡)が現れるワケではなかったから不気味だった

痛みがあっただけ。。。。。

その脇の痛みは、昔、椅子でぶつけた古傷が

うずきだしたのかと思うくらいの程度の痛みだったのが

昨夜からドンドンと痛みが増してきた

そうなると

急に不安になる

ぶつけた痛みじゃないとすると。。。。。つまりはわたしたちには

理解不能

お。て。あ。げってことですから。。。。

お医者さんの話では

今年の夏は帯状疱疹になる患者さんが多かったそうだ

ともあれ、二回薬をのんだあたりから痛みが減ってきて

夫に笑い顔がもどったてきた

有り難い!

陽気がコンナ風になって過ごしやすくなったので、夫に

ユックリと静養してネとも言いやすい

ツイこの前までの暑さではゆっくりもへったくれもあったもんじゃなかったから。。。。。

これからは

夫の助けになるように生きていきたいものだとつくづくおもうようになった

ロタにしかられそうなのだ

今では、ロタはわたしの心臓の一部になっているのだから

(勝手にそう決めた~)

カレの持っていた

美しい心や、清潔な考えを

実践しながら生きなければカレに申し訳も立たない

この病気を境にして

まずは

身近な夫にもっと親切にしたいと

決心したところだ
[PR]
by artartart100 | 2010-09-17 21:02

運こに名前

運こに名前



名前がついてないからかしら?

道の上に落ちている運こを見つけると、ちょっとあわててしまいます

自分ちの犬と一緒の時など、特に、キョロキョロ。。。。

スコップとビニール袋握り締めていても

ウッカリ、ボンヤリしていると、気づかないうちにって事もあるのよね

何気に後を振り返って、ぎゃあーなんてことを何度か経験してますから。。。。

もしやと思うわけです

友人は大真面目だ

その話をしたら、

電話の向こうで、パリに住む娘が大笑い

一度さあ、パリの道歩いてっていってよ彼女に。。。。

のんびりの声があとを続ける

パリでね、歩行者がパリジャンかそうでないかを見分けるには

歩く人のその目つきを見よって言われているくらいなものよ

パリジャンはネ、歩く時半眼 ナノヨ 半眼。。。。。

危険を見抜くには半眼以外ないのよね

自転車、車そして道路上の犬の運こ

娘の表現は、まあ、ちょっと大げさかもしれないけど

わたしの知っている昔のパリはそれに近かったことはたしか。。。。。

今もそうだとすれば、へ~変わらないのね

まあ、日本人、お互い道路をキレイに保つのは素晴らしいことだとは思うけど

自分がキチンと犬の運この手当てしてるからって

自分の次には、

道行く犬ズレの人を監督したり、アレコレ悪口言うくらいなら

いっそ

汚いほうがいいのでは?って思うなあ

半眼はちょっとたいへんだけどサ

キレイ好きでパワーの有り余っている人は

人のことより、みんなのために

公共の道路のお掃除でもしたらどうかしら?

モクモクと静かに毎日掃除に励んでくれたら

どんなにか、有り難いことです

犬も犬連れの人も

有難くて

運こは、散歩の前にウチですませるようになるかもヨ (笑)

でも。。。。。ないかああ~

やっぱ日本では

犬の運こに、名前がいるのでしょうか?
[PR]
by artartart100 | 2010-09-16 00:11

救いの女神

救いの女神


朝、目が覚めたら首が回らない

ムチャクチャ上半身が痛い

ぎゃ=!どうしよう!

首から背中まで、バリツと太い針金が入ったみたいな感じ

トントンしたり、ストレッチしたりしても全然収まらない

ソコへ、Iさんからの電話

彼女は、普通の主婦でありながら尼さんでもある

時間を見つけては、ロタにお経をお供えしてくださる有り難い人なのだ

その上マッサージはまるでプロの腕前

く、く首と背中があああああ~

わたしの声にならない叫び声に

すぐに行きましょうって。。。。。

これが救いの女神以外何者といいましょうか?

彼女のハンドパワーは物凄い

あんなに苦しかったのがウソみたい

強烈な痛みがすっきり収まってしまうのには

一時間

あの痛さは一体なんだったんだろうか?

あくびも出来ない痛さは何処へやら。。。。午後からは

パパと恒例のお墓参りをユックリとすませることも出来た

しかし、

今も狐につままれたみたいだなあ

今朝、本当に、首痛かったのかしら?なんて首をひねる

ともあれ

女神に救われた一日だった
[PR]
by artartart100 | 2010-09-14 20:33

用意周到

用意周到



ウチのニャンジは13歳

お向かいのミイちゃんは20歳

(年寄り猫はやはり、歯がダメになりますよ)

ネコの先輩が (正確には

ネコの飼い主の先輩?って言うべきでしょうネ)

カリカリ好きのニャンジを心配してくれている

(コレも、カリカリしか食べないネコと言うべき)

(ウチのミイちゃんのように年とったら

歯がダメになって堅いカリカリは食べられません

ダカラ、お宅も今のうちに、缶詰などペースト状のもので

ニャンジ君の好きな味をチェックしておいたほうがいいワヨ

だんだんと

食欲も減退気味になるから、そうなってからでは大変よ~)

なるほどなあ~

ニャンジのことを、不思議なカリカリオンリーの変わり猫とは

認識していたけど

歯無し猫になった時の食事の具体的対策までは、考えた事なかったなあ~

早速何か探さなくちゃあネ

実は、ネコバカのわたしのことだから

(ハイ、オミヤゲ!)とばかり

ニャンジを喜ばせたい一心で

以前から

大体の缶詰は試している

その度に失望!

今後の期待は

味の

ニューフェイスに巡り会うというコトだ!



試食は

いくらニャンジの為とはいえ、したくないし。。。。。。

まあ、

商品のラベルにあるPRの殺し文句に頼るしかありませんかねえ

あいも変わらず

暑苦しくも、わたしの足元に寄り添い、ぐーぐー寝ているカレに

相談もできないしねえ

ふう~

用意周到はツライネ

(正確には年寄りネコの飼い主が用意周到になるのはツライネ)

デショウ
[PR]
by artartart100 | 2010-09-05 17:30

日々

日々


昔から、造花に魅力を感じたことがなかった

だから、当然

ご仏壇にお供えする花も

生花に拘ってきた

暑くなってからは

当然

お参りに来てくれた人のお持ち込み花だけでは

足りなくて

セッセと毎日花やさんに通った

花と暮らして分かった事

それは

生花の力って凄いってことだ

植物には、浄化力があるのだろうなあ~

メチャクチャに辛い時、

その花のパワーに、文字どうり助けられてきたように思う

それにつけても、今年の暑さは物凄い

花屋さんでアレコレと選びに選んだ仏花も

ほとんどは一日でしおれてしまう

でも

百合とトルコ桔梗、は違う

日持ちのよい強い花だ

見かけはヤワダケド咲ききるまでしおれない

そうそう

花瓶力っていうのも在る

花瓶はガラスより磁器がよい

磁器のものの方が水が長持ちする

さて、夏の花は

家の中ですらこんな按配だから

外では話にならないほど過酷な運命をたどることになる

外では花は半日持たない

お参りのついでに毎日水や花を替えていたが

都合で行けない日はしおれた花が目にうかんで家にいても辛いのだ

そこで、ヤット

本腰で、造花探しをすることにした

ナカナカ気にいったのが見つからない

デリケートな生地のものでは一雨でドロドロになる

それでは生花とかわりがなくなる

まずは、素材探しからつまずいたが

まあまあのところで納得のいくものが見つかった

昨日それをお墓に届けたら

ヤット、気持ちが治まった

勢いで、ご仏壇の花もなんとかしたくなった

水を溢したりと失敗ばかりするので、実はお仏壇が汚れてきたのだ

ひらめくものがあった

以前に、友人から頂いた物で特に色あいの美しい造花がしまってある

ソレをバラバラにしてアレンジしてみよう

手作りの小さな2つの花瓶にあうではないか。。。。。

お供えしてみた

違和感を持たずにお供えが出来た

正直、ロタのお仏壇の造花に喜べる自分が嬉しい、し

なによりも

助かったなあ~

(コレではいや、造花はイヤです)みたいな考えに左右されてしまったら

ついには、わたし

花やさんになるところだったカモシレナイ

これから花やさんになるのは大変なことだ~

ここらで、スッキリ

造花に対する偏見をすてなくちゃあ~ネ

墓地で気づいた事、それは

造花はしおれてしまった生花よりず~っときれいだっていうこと。。。。。

その上

カラフルな明るいさは

悲しい心を慰める

あたりに可愛いパワーを発散する

明日からは、造花と一緒に生花も少し

添えてみよう

ロタには美しい花が似合うと決めているから。。。。。。

ずっと花とは縁が切れそうにない

サテ、以上、花のことはこのへんで。。。。

花のお世話以外に、毎朝していることがある

般若心経を読むこと

以前は

意味も分からず棒読みだったが

それでも、最近ではやっと

詰まらずにスラスラ読めるようになってきた

そんなふうにして

日を重ねるに衝け、いよいよ

内容が分かりたくなってきたのです

これは、急に信心深い人間に生まれ変わったというわけではなく

読んでいる自分の声の意味が知りたくなってきたのです

そこで

やっと、解説書を紐解いてみることになりました

が、

勿論、解説書をよんでも

深い意味はわからない

(そんなにすぐに、悟れたら

舎利子さんもびっくりするでしょう。。。。笑)

しかし、般若心経って声に出すと

心が静まることはタシカだ

そして、

不思議なことなのだが

最近

泣くのが少しづつ恥ずかしくなってきているのだ

お経のせいだろうか?

それは誰に対して恥ずかしいのだろうか?

う~ん

多分

ロタと。。。。主に自分にだろうナ?
[PR]
by artartart100 | 2010-09-03 18:40

頭 どこいったん?

頭どこいったん?


いつだって、チョットだけのつもりで庭にしゃがみこむ

しばらくして、いやというほど

アッチコッチを蚊に刺されて

ヤバイときずく

蚊取り線香もなしに草取りを始めたんだったっけ~

あまりの痒さに自制心がぶっ飛ぶ

集中して痒いところを掻く 掻く。。。。

イヤイヤ、掻くというよりは引っかきむしる。。。。ダナ

。。。。。。。。。。。。。

至福の引っ掻きタイムの後は

お定まりの

反省~

ガリガリかきむしること

それは

生まれつき肌の弱い私は

一番してはいけない事

ほとんどの、引っかき傷は

来年まで黒ずんだ痕になって残る、し

下手するとその傷口からはリンパ水や膿がああああ~

何度繰り返せばいいんでしょうか?

今や腕も足もまるで

格好悪いタトウ柄になっている、し

今回

ピリピリ痛い肌をクリームで騙し騙し

サテ、夕刊を取りに庭に出て驚いた

クリームも溶けぬ間に

また、マジ

わたしったら

しゃがみそうになっている

でも

今回はさすがに

踏みとどまルコトに成功した (笑)

(ところでオヌシ一体 頭どこいったんだ?)

ソレって

本当に暑さのせい?

(草。。。ナンテモン、ほっとけばいい、雑草? 格好いいじゃないか)

夫の声が

反面教師になって、で、多少意地になっていたかしら?
[PR]
by artartart100 | 2010-09-03 09:18



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧