ArtArtArt

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

12月30日

12月30日



今日は息子の命日

私たちは

朝から、そわそわ、、、、、

甥の家族と姉がきてくれることになっている日だから。。。。。

ふたりの甥は働き盛りの年代なのできっと、出発までぎりぎり忙しいかったに違いない

なのに

コンニチワって

元気のいい声の主たちは

長旅の疲れも見せずに

笑顔のプレゼント持参だった

私といえば

息子を亡くして以来、

永久の別れはもちろんのこと、それ以外のことも

すべて人生は

取り返しのつかないことの連続なのだと

うなだれて暮らしてきたのだが

このように

無償の愛の行為を見せてもらうと

持ち前の楽天的性質が

むくむくと

顔をだし始める

自然に鼻歌まで出る始末だ

カーテンを開けると

甥がはさみを入れてくれた庭の木々が

すっきり、

生き生きと

目に飛び込んでくる

うれしいなあ~

なんてきれいになったんだろう!

息子よ

母は

元気に

生きていこうとシテイルヨ
[PR]
by artartart100 | 2010-12-31 09:37

ラッテ

ラッテ



12月29日

クリスマスに里親になることを決心してから

4日目

まちに待った

ラッテが、とうとう我が家にやってきた

小さくて白っぽくて、ふわふわとした子猫のラッテ

9月生まれのチビ猫が

今日から我が家の一員になった

が、彼にとっては、今日という日

なれない環境で目いっぱいかわいそうな一日になってしまったのだ

一晩中

ニャアミャアないてばかり

食事も、水も喉を通らない

そんなわけなので

おしっこもウンチもなし状態

ただ

小さく震えてばかり

家族全員で

何とか環境に慣れてほしくて

なでたりさすったり

手を尽くすが

すべてがハズレ

最期に毛布でくるんで部屋を

暗くしてキャリ^バックにいれてみたら。。。。。

そして

サービス満点に

部屋をう~んと暖めてみたら。。。。


アレレ、、、、、

さっきからなんとなく落ち着いてきた様子なのだ

うとうとしだした

平べったくあどけない顔から恐怖が去ってもとの

ぼんやりした子猫の顔になっているではないか。。。。

ヤレヤレだ

ちびさん

あらためて

はじめまして!

              
[PR]
by artartart100 | 2010-12-31 09:20

チョン

チョン



12月28日、今日はお年寄りと子供会が合体して絵付けをした

まず最初は車椅子の押し方だ

自分も乗ってみたりして、もう、それだけで

子供たちはさまざまな感想をもったようだ

本番は準備怠りなくが功を奏して(?)

難なく終了

もう四つ寝るとお正月

今年はこれでわたしのボランテイアもおしまい。。。。チョン
[PR]
by artartart100 | 2010-12-28 21:20

日々是好日

日々是好日


24日の夜は、みななかなか寝付けない

特に孫は大きな目をあけて確認したいことがある

そこで、、当然、親も寝られない

まあ、どこのお宅にでもありがちな光景なのだろう



婿殿が朝一番に(昨夜はちゃんとビスケットとミルクを飲んでいきましたよ)

ってすまし顔で私たちに報告するものだから

今朝はその確認作業から始まることになった

なるほど、小さなツリーの傍のテーブルの上には

お皿とカップが置かれている

ミルクもビスケットも少しずつ食べかけ飲みかけが残っている

サンタさんは忙しくって、全部はいただけなかったのだろう

受話器の向こうからはイタリアのおばあちゃんが歌でも歌いましょうよと

明るい声だ

久しぶりに

みんなで笑った

サテ

29日には我が家に新人(猫)が登場する予定だ

もう、名前も決まった

にゃんジは89歳になりご老体よろしく

最近は寝てばかりいる

来年から

人2人(ジジババ2人)、猫2匹(ドラネコ2匹)の生活がはじまる。。。。。予定

たのしみだ!
[PR]
by artartart100 | 2010-12-26 13:18

無事着いた

無事着いた



3人が無事着いた

孫は元気いっぱい

親たち二人ははさすがに睡眠不足をかくせない

エアバス380は総2階

ものめずらしくて、2階席にじんどったのはよかったが

雪を溶かすために機体を外側から暖める措置を使いながら出発したのだが

それが原因で、2階席は全体にとても暑くなるのだそうだ

半そで姿でもフ^フーというくらいの暑さだったというからかなりの気温だったのだろう

次に乗るときには1階だあ~とそんな他愛もないことが帰国そうそうの話題になった

荷物を置いて間もなく、やっぱり自然に

平和公園に出かけることになった

12月ともおもえない暖かい日差しの中

それぞれが息子を思いながらを歩く

私といえば

意味もなくまた、涙がわきあがって来る

理性でも感情でもない、まるで機械仕掛けのようにして唐突に涙が湧き上がる

困ったものだ!

こんな親では、娘に申し訳ないという思いがつのる

何か楽しい話題をと、心の中を探してみたが

ヤバイことに

サッパリと見つからない

見つからないばかりでなく

ゴメンねといいそうになる

あわてて言葉を飲み込んだ

帰り道、幾本もの山茶花の大木が空をピンク色にそめていたのを

娘は、気がついていたかしら?
[PR]
by artartart100 | 2010-12-24 21:57

どうなるかしら?

どうなるかしら?



12月21日には日本に着いているはずの娘たちが

雪に阻まれてまだパリにいる

当日、ドゴール空港で何と、12時間粘ったそうだが

結局埒が明かずに家に戻ったそうだ

まあ、それが結果的には正解だったらしい

娘のはなしに寄れば

飛行機が開通するのを待つ人たちでごった返した

空港は、かって見たこともないくらいのひどい混雑ぶりで

疲れきってしまったのは、孫だけではなかったらしい

窓口は3時間ほども待ってやっと係りの人とはなしができる状態だが

所詮、天候しだいなのだから、かかりの職員と話し合ったところで

埒など明くはずもない

家にもどっても

冷蔵庫はからっぽ

ほとほと困ったことだったろう

ただひとつあったのはマッシュルーム

猫シッターさんにどうぞと手紙に添えておいてきたマッシュルームが手紙もろとに

手付かずだったので、とりあえずは

そのマッシュールームを失敬して、なにやら怪しげなランチをつくり、食べたそうだ

その後

婿どのがパソコンににしがみつき、やっとこせっとこ12月24日着の切符を

手にいれたまでは

よかったんだけど。。。。。。。。

昨夜からまたまたパリはオレンジ色の注意報が出てしまった

フランスでは

オレンジ色はかなりの悪天候だという天気予報のマークだそうだ

ヤレヤレ!

日本行きは、また、振り出しにもどってしまったようだ

わたしはここ数日、うきうきと

台所にこもり

娘たちの好物を作っていたのだが

そんなこんなで、2度も

いろんなものが夫とわたしの口にはいってしまうことになりそうなのだ

まあ、がっかりといえばがっかり続きのここ数日だが

家の中がちょっとばかり

ピカピカ

したかな?

いつもより手のこんだものを食べて

おなかも満足しているかな?

というところです
[PR]
by artartart100 | 2010-12-23 16:01

うれしい

うれしい


夫の妹夫妻と息子さんが、お墓参りに来てくださった

その帰りに、我が家にも立ち寄ってくれた

義弟は、一ヶ月ほどの入院を要した病後の身だ

それは、タイヘンな手術だったのに

こんなにも早く回復できたなんて、本当にユメのようだ

往復数時間かかるところを来てくださるほどに体力が回復できたのだから、、、、すごい

以前は少し太り気味だったのが

見た目、チョットスマートになっている

それはきっと

義妹が頑張った、食療養のおかげだと思う

むしろ以前より元気そうにすら見える

現代医学恐るべし!

とても、大それた手術の後なんて、今の彼からは想像できない

そんな元気な姿をみることができ、とてもうれしい

(突然なので、、、、)と玄関にも入ってもらえなかったけど

たくさんのやさしさを、身に余るほど、てんこもりプレゼントしてくださった

おかげで、今日一日ホンワカとあったかいものにくるまれた気分で過ごせた

ありがとう

息子はもう、寂しさとは縁のないところにいるのだということは

頭ではわかっていても、すべてがまだ(うそ)の出来事のようで

ついつい、すべてをわたしの尺度で考えてしまう

寒くはないか 寂しくはないか おなかはすいていないか 困ってないか。。。。。

でも、今日は違う

わたしの知らなかったときに、息子に会いに行ってくれた人たちがいたのだから。。。。。

なんだかほっとしてあったかい気分だ

(一人ぽっちではなかったんだ!)

義弟はまだ言葉に問題が残っているらしいが、見たところ、すこぶる健康そうで

義妹も安心したのかゆったりとしている

運転手を頼まれている息子さんと三人がニコニコと

幸せそうで、なによりも、それが

うれしかった
[PR]
by artartart100 | 2010-12-18 19:25





今週一杯で女性センターに展示していた作品を引き上げることになっている

今回は受付のない無人の展示なので、気楽なもので、展示しっぱなし

わたしの中では

新しい作品がうちから出て、まあ、チョットお出かけしていますといった風な感覚だ

飾り付けてから一度も見に行ってないのがなんだかかわいそうな気がしている

明日は引き上げるので今日はフレデイにあいに行こうかと思っている

フレデイとは、作品中の猫の名前

白黒ぶちのオス猫が今回の主人公だ

クリスマスの作品をということでつくったのが何故か白黒ぶちの猫が主人公になったのだ

今作っているのは、白黒ブチから三毛猫に変化している

そんなわけで、我が家は猫だらけになりつつある

猫のなんともいえない魅力あるたたずまいは作っていて余りある

わがニャンジはトラ猫なのでいずれはキット、トラ猫を作り出すだろうなあ

昨日、何とか言う株式会社の営業の方がヤフーで売りませんかといってきた

まさかの展開なのだが

息子と別れて以来、世間とのつながりに興味がなくなってしまったわたし

そういったお話に膝を乗り出す気がしない

自分でも不思議なほど、どうでもよくなってしまっているのに気がついた

これからどうやって世間とのつながりを持っていくのか

今は考えられないが

もしかしたら

猫が私をその答えに導いていってくれるのかも知れないと期待している (笑)
[PR]
by artartart100 | 2010-12-18 06:37

カレンダー

カレンダー



わたしの愛車

7年前購入したものだが、今を盛りと元気に動いてくれている

ボデイにちょこまかと傷がめだつせいか

(もう、そろそろ買い換えませんか?)ってセールスのお兄さんは薦めてくれるけど

(まだこんなに動く車を買い換えるって?だんだんと愛着が出てきたところです)

わたしの返事はいつも同じ

そんな憎まれ口とも聞こえる、でも本心からの言葉に彼はいつも苦笑いだ

最近では、勧めるのをあきらめてくれたらしく

彼とは年末に

カレンダーをそっとポストに入れてくれる間柄になっている

実は私、彼から毎年いただくカレンダーがとてもお気に入りなのだ

見ているだけで楽しい

今年も期待を裏切らない

カレンダーといえば動物園のカレンダーも楽しみの一つ

我が家には

この2つのカレンダーだけで十分なのだけれど、

欲張って、さらに

トイレにもベッドルームにも一つとステキなカレンダーがほしい気がする

先日、クイスマスには

夫が猫カレンダーをプレゼントしてくれるって言っていたから

あと、1~2個ステキなカレンダーどっカからふってこないかなあ~

そんな、望みがあったからかナ

その後

いろいろと、無料のカレンダーが集まってくることになった

(カレンダーなんて邪魔だ いらない)と思っていたのは

いつごろのことだったろうか?

最近、絵本をいただいたかのようにカレンダーがうれしいのだ

まとめてめくったりもしなくなった

生きていることがありがたい

カレンダーとともに過ごす

わたしに与えられた透明な時間がいとおしい

そんな思いがあるからなのか

最近では一年間一緒に暮らす

カレンダーはまさにわたしの

相棒になった感すらあるのです

。。。。。。。。。。。。。。。

もうすぐ、クリスマスそしてお正月

息子のいないクリスマスとお正月を初めて迎えることになります
[PR]
by artartart100 | 2010-12-11 21:48

ドコサ イッタカネエ

ドコサ イッタカネエ




友人たちとの話

(もう。暮れネエ)

(アラツ、。もうすぐ、おもちを食べるのよ)

こんな風にして始まった話、刻の経つのがあまりにも速すぎるのではないかと

喧々諤々

いかにも。。。。と私も同感

最近は、時間のたつのが速くて驚くばかりだ

A子さんの話が面白かったので書き留めることにした

それは、(最近なぜ時間が速く過ぎるのか)の回答になった話だ

彼女はまず、と、みんなの顔を見渡して

(今朝から今まで、自分のしてきたことを思い返せば

自分の時間が少なくなっているのが当たり前だとわかるのよ)と、話し始めた


探し物した?

言い訳した?

ごめんゴメンとあやまってばかりいませんか?

全員が大きくうなづいた

(イエス)

それに費やした時間はどのくらい?

それらに費やすことで、一日の大半が過ぎていくのが実感できた?

もちろん、それって若い頃には必要なかった時間よね

なるほどなあ~

あれがない どこにおいたかしら? あったあった よかったあ~

(出てくるまでストレス三昧になりますから、懸命にさがすことになります)

そんなつもりじゃないのよ わかってよ。。。。。

ゴメンネ やっぱり私のせいだった

いろいろあった末に、それらに永い時間を消費してしまうというのは言われてみれば

まったく、そのとおりだと思う

まったくネ、しかしみんなの

若かりし頃の自信は ドコサ イッタカネエ~

私のせいじゃない!と言い切っていた私はドコサ イッタカネエ

探し物は増えていく

誤ることが多くなる

反省することが見えてくる

(気弱になり、さがしものが多くなっていく現実の反面、

年を重ねれば、ほとんどの人がおだやかに思慮深くもなっていくのだが、

発表欲の減退ということもあって、他人には理解されにくくなっているのだ)

そんなわけで

自信はドコサイッチャッテテモも

時間はどんどん速く経っていっていくばかりなのだ

まあ、しかし

こうして、(ああそうだわねえ)と言い合う友がいるって言うのは

なかなかいいものだ

同じ時代

永い時間をともに歩んだということなのデスモノネ

そんなことを思って改めて友の顔を見なおしたら

まだまだ結構美しい女性たちが笑いあっているのだと

気づく

それは、耐え難い喪失感や私たちに常に与え続けらている

大きな愛の力を感じたりしながら、フト

どこさイッタカネエと時間を振り返る今のわたしの心に、やっと、やっと届いた友の

笑顔だと思う

時間を、分かち合えたともが美しいのだ

それを感じることができる自分に気がつく

すごいことだ

うれしい

(だって、今まできづかなかったんだモノ。。。。)

わたしったら、それがこんなにもうれしいんだネ

ユメ まぼろしの如く人生は、はかなく過ぎていくが、求め、探し続けてさえいれば

これからも

いろいろな美しいモノに出会うことができるのだと思えたのもありがたいことだ

。。。。。。。。。。。。。。。。。

天気予報では

今日は雨だそうだけど

外はケロッと晴れている
[PR]
by artartart100 | 2010-12-07 20:42



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧