ArtArtArt

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ウオーター

ウオーター




ミネラル ウオーターが街から消えた

たまに、自販機で買うこともできるのだが

以前のように好きなメーカーの水がいつでも買えるという風ではない

買えない原因は、原発汚染や津波による生産、流通

その他さまざま地震によるトラブルだとハッキリ分かっている

この水不足に、当然、怒りや不満があるわけではない

しかし

不満などとは別に

ああ^、水がほしいという欲望がムクムクと起きる!

(以前より、二人は水大好き人間 !

被災地の方、私たち、水道水も使用できるのに、、、ゴメンナサイ。。。。。)

歩いてみると、街のたたずまいも変化がある

すべて、薄暗い

節電だ

地震以来、自販機にも明かりはついていない

一見、故障中かしらともみえる

ん?傍に行って覗くと

運転中だ

(販売中です)とのシールも貼ってある

コインを入れると明かりがつくシステムらしい

売り切れの商品には、あらかじめ赤い印がついている

買いたい水の下に赤印がついていないと

今、この自販機には

水があるという事になる

しかし実際に

コインを入れてボトルが出てくるまでは安心できない

何しろ、わたしも、すこしずつ

すべてに用心深くなっていますから。。。。ネ

ゴロンと水が出てきたら

やっと

ヤッター。。。。。です

傍の人と顔を見合わせたり、肩をすくめたりして

この自販機の前を通りがかかったラッキーを喜ぶ

水は沢山ほしい!

でも、、、、、しかし

沢山は買わない

(だれにとっても、大切な水だと分かっている

お次の方に残しておこう

水はまた、明日も探せる

二人分で満足することを覚えなくちゃあ~。。。独り言。。。)

思うに

現在、自販機は

知る人ぞ知る水穴場であります

一方

マーケットの飲料水売り場では、

品切れごめんの張り紙があるのみになってしまっている

張り紙だけは恭しくも(水は一家族さま一本でお願いします)とある

張り紙があって、商品がない

政府の発表では、水道水は、飲んでもよし、調理してもよし、人体に害はない

大丈夫ですと発表しているにもかかわらず。。。。

この水不足が現実なのだ

国民が

発表を信じていないということに他ならない

だって

明日どんな事態になるのか分からないという不安もあるんですもの。。。。。

安心感とは複雑なのです

先日テレビを見ていたら

水自体は豊富にあり十分補給できるのだが

ボトルの、キャップが足りないそうなのだ

キャップは中国と東北の工場に発注していたのが

日本サイドのいずれの工場も地震と津波の被害を受け、生産ができない

だから、ボトルにふたができないのだそうだ

そうだったのか!

ソレが水不足のすべての原因ならば

待っていればいいのかしら。。。。。

そうそう

汚染されていない水なら、我が家も1階の風呂場の水があるにはある

風呂釜杯の大量の水だ

11日以来今、使っていない1階の風呂にためていたのだけど

なんだかなあ~

アレを沸かして飲むのもなあ~

ああ^

もっと

風呂釜しっかりあらっておくんだったなあ~
[PR]
by artartart100 | 2011-03-31 09:40

サクセスフル エイジング

サクセスフル エイジング


アンチエイジングとか

PPKなんて言葉はモウ耳にタコができるほどいろいろな方から

聞いてきた

アメリカで生まれた言葉に

サクセスフル エイジングという言葉があるのを知った

チョット耳慣れない言葉だ

この言葉に

(成功加齢)って日野原 重明氏が訳しておられた

日野原さんのように老いの姿そのものが

すでに成功モデルなんて人は少ないよ~

それではと

年を重ねて、いまさら成功もクソもあるものかなんて

すねる手もあるけど

いくつになっても元気だけはほしいとはだれしも思う

そう、身も心もネ

秋山 弘子氏が

サクセスフル エイジング、ソレは

(中年期を死の直前まで延長すること)と定義された

う^ん!

なるほど~!

そうか

この言葉、腑に落ちた~!

失敗した老いや成功した老いなんて

イヤ~なことを連想しがちだが、

中年期の延長ということなら、スト~ンとうなづける

人間、年取ると、なりたい自分を探すのさえ

むづかしくなります

ふ~

骨が折れます。。。。。
[PR]
by artartart100 | 2011-03-30 22:06

お年頃

お年頃



ラッテが3月19日で満6ヶ月(半年才)になった

猫って成長が早いなあ~

もう、そろそろ、お年頃です

くさ~いおしっこをアチコチにチョコチョコっと

場所を選びながらします

そんな状態をあまりを永く続けていると

手術しても、そのくせだけが残るそうです

そうなったらモウ~最悪です!

獣医さんによれば、最近では

猫の体が大人になるのは、

大体半年が目安だそうです

ラッテは、ちゃ~んと思春期になってる勘定なのです

食事は赤ちゃん猫用を食べているのになあ?

(猫のえさを買いに行くと、まずは赤ちゃん用、次が1歳猫用、そして成猫用

とにわけて売られています

成猫にもモチロン詳しく年齢ごとに分けられています

ちなみに、サンパは13歳以上というのがお気に入りです

我が家の猫たちは、たまに

吐いたり、下痢したりするのですが、そうなると

コレは、食事のせいかしらと心配になるので

ヤッパリこの区分に首をかしげながらも、今の所

記載どうり、に二匹の食事を分けて育てています

内容はヴィタミンミネラル等の差だけみたいなんだけど

活字になっていると、ついそれをたよっている~わけです)

さて、ラッテヤ、今日のように元気な日がつづくなら

いよいよ、来週あたり、一晩どまりで入院することにしようか?

そして、今、考えているのは、術後入院ついでに

マイクロチップも入れてもらおうかということです

費用は大体5千円くらいだと聞いてます

うまくいったら、サンパにも入れたい

今度の地震で、チップを入れた迷子猫が何匹か飼い主のところに

戻れたそうですから。。。

(いま、保険所やセンターはモチロン

多くの獣医さんもリーダーを持ってるようです)

地震といえば千葉の水、今日も赤ちゃんに限りだけど

飲めないと聞きました

小さいといえば、我が家の2匹は赤ちゃんよりももっと体が小さいのです

心配です

きれいな水を飲ませたいなあ

朝一番にマーケットに出かければ

水は

お一人様一本の割り当てで買うことができます

夫が薬を飲むときと、2匹の猫たちに

チョットづつでものませたいというのが

今のわたしの望み!

(猫に何て贅沢な、と叱られるかも知れないけど、まずはゴメンナサイ

二匹で100CCが目安の量です。猫には悪性リンパ腫が多いと聞いてるので

精一杯気をつけてあげたいのです)

昨日は友人が2リットルの水をを2本もプレゼントしてくれた

4リットル

うれしいなあ~

今、水はありがたい(一息モノ)です!

さあ、

明日は獣医さんと入院日の相談をしよう!

手術を決心しよう!

おしっこをかけたり、外に飛び出したり

サンパに飛び掛ったりもしなくなるそうだし>>>>>

前に先生は

手術の前にしっかり検査もするし、ぜんぜん

心配ないですと

言っていたし>>>>>

カレは、紛れもなくお年頃だもんなあ~

。。。。。。。。。。。。

そうだ!

チビが元気に

帰ってきたら

おいしい水を飲ませてやろっと~!
[PR]
by artartart100 | 2011-03-27 19:19

一つ

一つ


永い人生では

二つに一つ

どちらかの道を選ばなければならない時がある

ただ一つだけを選ぶのはとても苦しい選択だ

誰しも、自分だけは両方を選べるんだと思いたいのだが

一つで満足しなければならない時もあります

その判断も一瞬でなされなくてはならないときだってありえます

沢山ある職業の中でパイロットは

危険な状態の折に

その瞬時の判断に

ミスが絶対許されない職業のひとつです

ずっと前になりますが

パイロットさんから聞いたことで

忘れられない話があります

いざの時には深呼吸という話です

この会社では

緊急事態が起きたときにはまず大きく深呼吸をするということが代々

引き継がれている対処の第一番目にすることだそうです

人はあせっているときには呼吸が浅くなります

時には、ほとんど息をせぬまま考え込むものだそうです

心の状態は体の機能や判断に影響します

逆に体の機能が心や判断に影響を与えるコトもあります

笑いながら悲しむことができないように

深呼吸することによってあせった状態から抜け出すこともできるそうです

なにがあっても

とりあえずは

深呼吸をするという簡単なことを

思い出し

なんだかチョットだけ

うれしいのです
[PR]
by artartart100 | 2011-03-26 13:36

エルビス

エルビス



古代ギリシャ語で希望という意味を持つエルビス

パンドラの箱の底に残っていたのが、

エルビスだという

いやいや、エルビスこそが最初に箱からとびだしたんだと、

諸説紛々とあるが

私は今、最後に残ったのがエルビス(希望)だという単純な説が

ひしひしと実感できるようになってきた

映像で見る

被災者の子供たちの顔、言葉、笑い、いやいや

存在そのものに

ものすごいパワーを感じるからだ

大人たちは

一枚の毛布、米、一杯のあたたかい汁に感謝する

両者ともに

すごいなあ~!(何故か 。。涙 )

エルビスはパンドラの箱の中に

今なお存在する

わたしたちの宝

そう思いたい!
[PR]
by artartart100 | 2011-03-25 20:26

笑み

笑み


パンドラの箱が開いてしまった

箱の中からは次々とおそろしいものが出てくる

人々は

原始に戻り

巨大な自然と対峙する

すべもわからままで。。。。。

国家という意識スラなくなり

小さな人間としてのみ存在する我

海水を入れて冷やし、その先は?

パンドラの箱は一度

開いてしまったら

どうなるのだ?

先は?

なにがあるのか?

また、箱を閉めることはできるのか?

元のように。。。。。

希望や勇気がねじ伏せられるのを

止めることはできるのか?

ただの

引きつった笑いでも

人々は

わらっていたほうが

いいのだろうか?

希望は捨てたくない!
[PR]
by artartart100 | 2011-03-23 23:48

ダイエット

ダイエット



猫の話だ

我が家には自慢の猫が2匹いる

名前はサンパとラッテ

最近では、神経痛を患い、日によって前足が痛い爺さん猫のほうがサンパ

生後6ヶ月になりたての暴れん坊猫がラッテ

両猫の年の差は14才

猫としては、ずいぶんな年の差だ

が、離れているのは年だけではない

面白いほど性格も違っている

性格の違いは書き出せば止まらない

しかし

似た所は簡単に見つかる

二匹そろって甘えん坊の食いしん坊というところだ

サンパのほうはラッテが現れるまで、食事はカリカリオンリーの美食猫だったのが

チビががおいしそうに半生状態の袋入りを食べる様子に

触発されてか、今ではなんでもござれの食欲もりもり猫に変身した

歯が抜けているサンパは食べ方が遅い上

(13歳以上の猫が食べるエサ)を主にたべさせているのが

ソレが

あだになってか、さっさと自分の分を食べてしまったラッテが

違った臭いのするでサンパの食べ残しをもらおうと皿の横で羨望のまなざしで見つめる

そんな状況の中でたべなくてはならない

涎をたらしそうな様子のチビをチラと見て

(良いから食べナヨ)とばかりに譲るときはあるがそれはモチロン、マレである

大体は猫パンチで追い払いながらカレは食事をすることになる

好き嫌いのおおかったサンパが、猫が変わったかのごとく

食に貪欲になったことには驚きだ

そんな二匹がそろって食事するのをみるのは実に楽しい

しかし

困ったことが一つ

最近

2匹ともころころと太りだしたようなのだ

(先生からコラ~!食事やりすぎじゃ~!としかられそう~)

スーパーでも

おいしそうな猫のえさは目ざとく見つけるわたし、買ってやりたくてうずうずする

それを我慢して

2匹を

ダイエットさせるのは

ああ^あたしがかなしい~

思う存分食わせてやりてえ~のだ
[PR]
by artartart100 | 2011-03-23 23:30

液状化現象

液状化現象



5月に予定されていた花の美術館でのイベントは全て中止です

との、連絡を頂いた

やっぱりネと思う

花の美術館の所在地はいわゆる埋立地にある

近辺の、液状化現象で、もっともひどく被害を受けた場所の一つだ

心配していた通り

再建の見通しが暗いらしい

被害はどのくらいなのだろうか?

我が家からは車でも相当遠いから

新聞テレビあるいは、うわさでしか現状はつかめない

人災こそなくてほっとしたのもつかの間だが

ライフラインが閉ざされたとのニュースに知人の多い地元県民

みなが戦々恐々

あそこはいったいどんな被害を受けたのだろうか?

とりたてての用はなくとも、

タダ、海が見たいという理由だけで、二人の散歩コースにもなっていた所なのだ

行ってこの眼で現状を確かめたい

しかし、ガソリンも倹約しなくてはならない

今、足がない

無用な者の外出はすべての邪魔になる

その上

いったん家を離れたら

いざ帰宅できるかだって、なんの保障もない

余震はひっきりなしに続いている

文字通り

手も足も出ない

我が家にはあの辺に知人友人はいないハズ。。。。?

幸なのだろう

心配は心配でも具体的に心配すべき顔は浮かんでこない

サテ、私事になるが、かなりの試行錯誤の末

(これはいつものことなのだが。。。)

出品すべく

(やっと。。。。)作品も出来上がってはいる

急にイベントが中止になるのは、モチロン、口惜しい

しかし、其れより

なにより

地域の方の生活や健康の心配が先に立つ

確かあの辺には団地があった

若い人が多いのではなかろうか

トイレ水周りや電気ガスは小さなお子さんを抱えた方々にとって

健康と直接結びつく大切なもの

モチロン体力のないお年寄りも心配

季節外れの寒空の日々に

意気消沈するニュースが一つ一つと

増えていく

三重の姉が心配して送ってくれた食料の小包を前に

私ばっかりうれしがっているのが

申し訳ない~
[PR]
by artartart100 | 2011-03-22 13:39

なにができるんだろう


なにができるんだろう



コンセントや主電源は消しておく

待機電力と呼ばれる電気が流れているから。。

節電は

漠然とした気持ちだけでは実行が難しかったが

今は違う

ちょっと先に

命にかかわるほどの寒さに震えるかたがたがおられる

3月11日以来、わたしの頭からライフ ラインすべてに対して

個人という意識が消えた

なにができるだろうか?

せめて迷惑にならないように生きたい

電話も我慢だ

こうして今、屋根の下にいられることがどんなに

贅沢なことか分かる

すべてを流された方

頑張れなくても良いんです

どうぞ

今日、一日、精一杯

生きてください
[PR]
by artartart100 | 2011-03-21 23:17

揺れる

揺れる




会場で、地面が揺れていないのが

不思議だといったら

それを冗談だと

笑う人々がいたそうだ

相手を

理解するのは

難しい
[PR]
by artartart100 | 2011-03-21 08:46



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧