ArtArtArt

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夜回り

夜回り



月に3度、夜回りをしている

8時から30分~45分かけて町内を歩く

今年、ワタシは班長なので、億劫がらずに参加している

正確には

参加ではなく、班長の役割をこなしているというべきでしょう

防犯のための夜回りは、班長主催なのです

(戸締り用心、火の用心)

女性の声で録音されたテープを持って歩く

以前は

ぞろぞろと揃って歩くのが性に合わなくて (少しきまりがわるいのだ)

参加経験なしだったのが

今年は、参加者に

(ご参加、お疲れ様でございます)と

お辞儀をしている側になった

コノ変わり身の早さ、(君子は豹変す)といっていいものかどうか。。。。

集合は近くの公園

20時ともなると陽は落ち、外は薄暗い

玄関を出るときには、そのせいもあってか

少し緊張する

所持品は

懐中電灯、おそろいの腕章、それに携帯電話

運動靴を履いて出かける

さて

5分くらい前になると、アチコチから人が集まりだす

毎回、20人前後の人が参加する

(以前から、こんなに大勢の方々が参加してらしたなんて

しし。。しらなかった~!

西町町会恐るべし!

今まで回覧板を流し読みしていたのが

大暴露

ここに来て、この動揺ダ!)

だけども、20人前後という大人数も平日に限りのことで

この日がたまたま日曜日に当たると

あつまりはぐっと悪くなる

ピ~ン!

大河ドラマが始まる時間帯です。。。。ピンポ~ン

さて、班長が人数を把握したら、歩きだします

ご挨拶は今のところ、てんでばらばらです

スピーカーの声が合図になってます

スピーカーを持ってくださるのはいつも!さんです

頼りにさせてもらっています

道順もきまっています

なんとなく女性は女性同士

男性は男性同士

お行儀良く、固まってあるきます

時々

女性軍からは華やかな笑い声も聞こえます

サテ

わたしの顔を見つけるとほとんどの方が

(あらア~お元気でしたア~)とチョット驚かれる

そして

(ああ、今年は、班長さんなのですネ)と納得される

こういう話題には、ふふふと笑って時間を稼ぐことにしている

参加者は、ほぼ

男女半々位か~幾分男性軍がおおいかなあ~というところ

みなさん

夜の散歩だと割り切っておられるのか

ずんずんと、早足で歩かれる

だらだらとしていない!

素人軍団といえども夜回りですもの

感想もアリマス

やはり、継続とはナントヤラなのです

町内に空き巣やどろぼうの数が減ったそうなのです

コミュニケーションによし、健康によし、防犯によしと

いいことずくめの夜回りですが。。。。

でも。。。。。とワタシは思う

このごろのように気候がいいときは

いいけれど。。。。。

暑いとき、寒いときは

どうなるかしら?

もう

はやばやと

弱気が顔をだします。。。。。ふ~

君子?

ふ~
[PR]
by artartart100 | 2011-04-28 21:13

ちょっといい気分

ちょっといい気分



ここ2~3年、肩と腕が痛い

主に右側

重いものを持つのは、大丈夫だが

ある角度に手をひねると痛みが走る

そこに力が加わると瞬間あまりの痛みで眩暈がするほどだ

たとえば、朝、階段途中の高窓を指先でエイとばかりに開けようとして

力を入れると

ぎゃあ~

せい伸びして、身を乗り出し

ねじれたままのスタイルで凍りつく

言葉は出ない

息を呑んで痛みが去るのを待つ

出来ないことが増えると心がしぼむんだなあ~

ところが

ある日、夫の一言から

痛いのは年のせいだとすねていないで

チョットだけ生活を変えてみることにしたのだ

夫いわく

最近の医学では(ワタシこの言葉には弱いノダ~)

筋肉の痛みもストレスが原因だと分かったんだよ

えつ~

なな~んと、この痛みが年のせいではなく

ストレスからきているというのですか?

夫の一言が

ウソかまことか、いまだ、真実のところは謎のままですが

ビビビと私は信じたのです

信じれば、この痛みから救われるのなら

信じたい。。。。もしかして、こんな打算もあったかしら?

なかったかしら?

理屈はどうアレ、この痛みがストレスからくるのなら

案外何とかなるかもしれないゾ

やり始めたことは

歩くということ

しばらくの間忘れていた健康法だ

車をやめてあるくことにした

スーパーにも、魚屋さんにも、知人宅にも

定期診断のためのお医者さんにも

すたこらさっさと歩く

5~7000歩を目指して毎日歩くことにした

すると

気持ち、痛いのが楽になったようなのだ

ゴチャゴチャ考える前に歩く

まず歩く

歩いていてあちの花こっちにの花と眺めていると

ゴチャゴチャ考えていたことから

しばらくは遠ざかれる

考えったってせん無いことはそのままにして

時間が過ぎる

体は疲れるし。。。。。

1日の必要最低限のことを済ませると

後は、ほほ杖をついて、ほとんどの時間を

ため息をついている状態からは

明らかに脱却できたのだ

年のせいじゃない、ストレスのせいだと割り切ってしまえば

なんとかしようもあるというモノ

そんなわけでここんところウソみたいな話なんだけど

痛みから釈放されている

チョットいい気分でこれを書いている

今日も

5~7000歩を目指して歩きましたヨ
[PR]
by artartart100 | 2011-04-27 10:42

午後に

午後に



伸びすぎた枝をはらおう

雑草を抜こう

肥料を蒔こう

夏野菜の苗を植えよう

あれこれと計画を立てる

小さな庭だが

結構することはある

まあ、これらはすべて

好きでしていることだから、後、相当疲れても愚痴は出ない

(正確には、出ないように心がけている。。。というところカナ。。。。)

今日は

わたしの目の高さの枝を狙い撃ちにカットした

のこぎりと格闘して午後を過ごすことになった

枝をはらうと、あとの始末には

多少骨が折れる

のこぎりで切り落とした枝は、はさみで小さくカットして

市のごみ袋に詰め込む

あるいは

枝の長さをそろえて

新聞紙などに巻いて紐で縛る

これを雑にやると、あとでもう一度やり直すことになるから

手間はおしまない

手を抜くと、枝がビニールや新聞紙をアチコチ突き破ることになる

ピョンピョン飛び出した枝で、まず、自分が怪我する羽目になる

ごみだしはそうでなくても重いし、タイヘンな仕事なのに

その時、怪我でもしたら、うんざり。。。。

だから、(チョックラ芸術的だなあ)と思うほど仕上げには手間をかける

サテ

3時過ぎにすべての

庭仕事完了!

達成感でクラクラ~だ!

でも。。。と、いや~な予感もする

日焼け止めクリームの威力は?

この汗では期待できそうに無いと気づいたのだ

3500円もしたクリームなんダケドなあ

朝、丁寧に塗ったんだけどなあ、、、、と未練のつぶやき

顔がひりひりする、、、、こりゃあダメだ!

何事もやりかけると途中でストップできなくなる

わたしの気性が恨めしい

ヒリヒリに加えて

久しぶりの力仕事で、手まで震える (武者震いかしら。。。笑。。。)

部屋に戻ったらシャワーだなあと楽しみにしていたけど

まあ、チョットと

お気に入りのいすに座ったら、たちまち

正体も無くねむりこんでしまった

サンパとラッテがいつの間にか

そんなわたしの膝の上で寝ていた

膝に手をかけたり、あごを乗せたり、器用に体を曲げて寝ている

2匹を起こさないようにして

窓から庭を眺めたら

ムクドリが柿の枝に止まっていた

オレンジ色のくちばしで葉先をついばんでいる

さては?

柿の花でもみつけたかな?

モウすぐ5月になるんだなあ~

平和な午後が過ぎていく
[PR]
by artartart100 | 2011-04-24 19:00

3個開いた

3個開いた




楽しみは 朝起きいでて 昨日まで 無かりし花の 咲ける見るとき       橘  暁覧



だれもが自分のいいと思うものを、可能な限度の中で、自分の眼力で発見する。
それがこの上なく、自由で楽しい人生だ。

  昼ねするお化け。。。より                                                 
[PR]
by artartart100 | 2011-04-21 08:10

雨ニモ負ケズ

雨ニモ負ケズ




朝から雨

外はまるで、夜のように

暗い

こんな朝は

わたしのこころもはじけない

動作までノッソリして、檻の中の熊さながらだ

デモ

口だけは威勢がいいのです

(ポ~ンと元気に!!)なんてつぶやいて

え~いとばかりに熊さんを返上するのだ

庭下駄を突っかけて傘を差す

ボタンのようすが気になる

昨夜からの期待でドキドキしながら覗き込む

(あ^まだ開いてないノ?)

ちょっとガッカリ

あと1日は待ってください

返事のかわりに

木が揺れる

まあだだヨって

雨にも負けずに、風にそよいでいる

植物は強いなあ~

大風にも倒れない

牡丹はえらい!

ところで

今朝は

大発見があった

ななな~ント島大臣の蕾を新しく見つけたのだ

3個も

葉の陰にひっそりと隠れていたのを発見した

うれしい!

なんかタイヘン得をしたような思いになる

昨日からおなかの調子の悪い夫は今朝、機嫌がよくない

そんな夫には

(見てヨ!蕾がこんなヨ!島大臣には17個~

ハイヌーンにも8個、コレって、木が去年の病気から立ち直った証拠ヨネエ~)

。。。。。と鼻高々に報告したいところだが

今日のところはぐっと我慢だ

かわりに猫たちに言って聞かせる

(アノネ、牡丹はネ

雨にも風にもまけないヨ

すごいね

すごいね)

二匹とも分かってるんでしょうかねえ

最近揃って食欲キング化している二匹は

わたしの足元に纏わりついて元気溌剌

ニャアニャアと大騒ぎだ

こっちだこっちだとばかりに

私を

自分たちの食事場所にリードしていく

こんなとき二匹は大仲良しになる

額を舐めあったりしている

モ~、食事場所なんて教わらなくたってとっくに知ってるよ

デモ。。。。

ドレ

仕方ない

かわいいから、だまされてやるか。。。

ガツガツと食事する二匹は

まるで3日も食事をしてないかのような食べっぷりだ

一体、朝からどんな胃袋してるんでしょうかネエ?

その一生懸命な食べっぷりにおもわづ

笑ってしまう

ホント

牡丹どころじゃないのデス!

彼らの食欲は、一生懸命なのデス

動物はえらい!

ホント、うまそうにたべるなあ~

さあ、私は

コーヒーでも飲みましょう!
[PR]
by artartart100 | 2011-04-19 19:44

わが町

わが町



町の名は西町

ここに住んで何年になるだろう

現在の人口は4125人

男性1930人、女性2195人

15歳以下505人に対して、65歳以上が1098人

その割合を見ていると

まるで

現在の日本の人口縮図をみてるようです

人口の割合だけではない

私たち夫婦がこの町に住み始めたのが昭和46年だが

その頃は

典型的ベッドタウンでもあったのです

西町は小さな町ながら、今も昔も、時代の縮図さながらだといえます

今、町は

2世3世がチラホラとはみられますが

町を歩くひとを見れば

全体の印象は

あ^皆さん、年をとったなあ~という感じです

以前は東京のベッドタウン

今は

シエスタタウンとでも申しましょうか

いつの時代も、のんびりと静かな町であります 

所帯数は1779

。。。。。。。。。。。。。

サテ、西町自治会は便宜上

アルファベッドや数字で細かく

何々ブロックの何班という具合に区分されている

町会の運営は一年単位で顔ぶれが変わっていく仕組みだ

今年

我が家は、その最小ブロックの班長になった

当番は順番制で

14~5年に一度位の割合で、その順番はめぐってくる

(ウチは去年と一昨年と、2年間にわたり、住民のご好意で、当番からはずしていただいていた)

サテ

わたしも以前に経験したはずの当番なのだが

どんなことをしたかは、今では

すっかり忘れてしまっている

一つ、思い出すのは

(一年間留守できないカモなあ~)

こんな、暢気なことが脳裏を掠めた。。。。かしら?

サテこのお役、4月からすでに始動し始めている

3月までは

ざっと読んで、名前のところにサインしてお隣に回すだけだった回覧板が

4月になって

なんだか少し身近にかんじられるようになっている

ウチから回り始める回覧板が、最後にまたウチに戻って来るだけなのに。。。。。

理事さんから渡されたプリント等を

簡単に整理し、回覧ケースにいれ、お隣さんに渡すのが当番の役

整理といったって、たいしたことをするわけではない

至急版とそうでないのを区別したり、メモが必要であれば

適当にメモをはさむくらいのコトだ

町内をぐるっと回ってもどってくるのに2~3日から一週間

戻って来るのが当たり前ではないかと思うのだけれど

それがそうでもないから不思議といえば不思議

回覧板が、何事もなく、スイスイと戻って来てくると

少し感動する  

(この感情は、新人の初々しさ?)

さて

昨日は、町会費を14所帯から徴収させていただいた

一ヶ月200円の12ヶ月分で2400円、所帯数14で33600円也を

ブロックの理事さんにすでにお届けした

理事さんは一斑から8班までのお世話をすることになっている

やっぱり理事さんも新人

33600円を真ん中において

新人同士

(一年間どうぞ、よろしく)と、頭を下げあった

数十年近くもご近所だったのに、お互いが初対面だったのにはビックリ!

そうそう、その理事さん役のことだが

これは、選挙で選ばれることになっている

選挙をするといっても、建前だけで、大体は順番になっている

班長はまあ仕方ないとしても、理事さんはねえと

敬遠されている役なのだ

実のところ、わたしも班長でほっとしていたのだ

理事さんが回ってくるのではないかと、ヒヤヒヤしていたから。。。

我が家は転勤族

スルリとそのお役から抜け落ちたまま今日まで来ているのだ

早い話、10年間以上日本にいなかったからノダから

しかたがないのです

町内の方、大体1度は理事役を経験したとおっしゃるが

私はまだ経験していない

理事は当然、当番などとは比べられないほど仕事が多い

時には住民の苦情も承るらしい

やらなくてすむものならやりたくない役だと首をすっこめてきた

いわば、まあ、ずるく構えてきたわけです

どなたもが

ストンとわが存在を忘れてくれることを望んできたのです

ところが、ソノ話題、案外皆で好んでしていることに

最近になって気づいたのです

(ねえ、お宅、理事さんにはいつなったあ?)

って聞かれる回数がやや多くなっているような気がするからだ

それは、みようによっては

(イロイロ知ってますよ)って言う顔にも見える

以前からそうだったのかな~私、しらぬが仏だったのかなあ~

ふ~

コミュニテイに住みながら、好き勝手に生きるのって

できそうで出来ないもんなんです

ヤッパリ

義務がツキモノです

町会なんて。。。。と威勢良くやめちゃうわけにもいかない。。し。。

それは、回覧板ひとつにしたって

ごみの出し方、下水溝のこわれの申請、公園の木についた害虫駆除申請、火の用心、

赤い羽根募金への協力、町内の泥棒等の犯罪情報、

小旅行やお散歩へのお誘いやボランテアへのお誘い、公民館やセンターなどの行事、

健康診断、予防注射などなど

その情報は、数え上げたらきりがない

情報に疎いぼんやりさんにはモチロンのこと

しっかりモノといえどもなにかと回覧板のお世話になることは多い

ふ~

やっぱり

涼しい顔で町会などのお役をやり遂げるってコトは

大人として当然なのでしょう

今年は防災という面からもいろんな提案が出そうです

ふ~

(ふ~ってなんなんだ?わが町なんでしょう? )
[PR]
by artartart100 | 2011-04-14 21:40

水(2)

水(2)



友達から宅急便が届いた

京都にはまだ水があります

沢山見つけたから、おすそ分けですヨっていう

メッセージも届いた

2リットル6本入りのボックス

え!

そっりゃあ、うれしいです!

赤ちゃんもいないのにあせって買うのは

世間に対して、あまりにも申し訳ないし。。。。でグズグズ。。。。

口に出すか出さないかの差こそアレ

最近、ご近所もすっきりした顔の人はいない

いつか、

この先一切水は飲めませんと発表されても

ヤッパリ

無抵抗に事実を受け取るということになる

って、分かっているから、げっそりは隠せない

いろいろ抗議したって所詮は豆腐屋の釜になるばっかりだろうし。。。(湯ばかり、、、)

原発用語や化学の話は煮ても、焼いても、さっぱり理解できないし。。。。

東電や政府にしたって

廃炉に持っていくまで、まだ、具体的な計画も立てられないではないか?

現実はたびたび起こる大きな余震に震えるばかり

ああ^

今後、なんでもありだ~と

チラリ思ってしまうのは無理ないコトです

天災も人災も含めて

あまりにも、つら過ぎる現実に

今、日本中は

じっと我慢の子だ

。。。。。。。。。。。。。。。

ところで

ヤッパリ

キレイな水は欲しい~

ストックも欲しい~

コレも本音

宅急便やのお兄さんが、水ですよ(ありがたいものがきましたね)

もしや、この若いお兄さんには、赤ちゃんがいるのかしら?ナンテ考えた

複雑な思いがこみ上げる

玄関にで~んとおいたままの水は

飲めば

友情の甘さとありがたさ

そして

独り占めのゴメンナサイ

原発いい加減にせい!等の、いろんな味がするだろうナ
[PR]
by artartart100 | 2011-04-14 01:34

桜飯

桜飯



去年の八重桜ヨ

うっすらとピンク色した桜飯をいただいた

お行儀良く

小さなプラスチックに、詰められた桜飯

花も軸も柔らかそう!

(去年は桜を見忘れタナあ。。。。)

(散歩していて、八重桜がきれいだったので、初めて塩漬けにトライしたノヨ)

(お米よりもおこわのほうがつやが出るでしょう?)

とチョット自慢げ

色止めには酢を入れるのが ピンポーンだそうだ

(ホーント、ワ~オ、つやつや~、桜もキレイ~)

(ゴマは桜の風情を消してしまいそうで、止めたんだけど、どうかしら)

(そうそう、黒も白もなしが、正解ネ)

ごま塩はお赤飯だけでいいし。。。。。。

(今出来たばかりだから暖かいと思うけどけど

暖めなおしたら、きっと、もっと、香りが出ると思うワ)

以上が

(ありがとう)って桜飯を手渡されるまでの会話だ

こうして書いてみると

結構しゃべってるなあ~

毎年、今時分は、花粉症でめったに外に出かけない彼女

今日も大きなマスクをしている

(また、季節ねえ)

モチロン、花粉症のことだ

(マスクってネ)

大きく呼吸してサラリと言う

(案外便利なものよ、ダッテ、ホラ、すっぴんでも分からないでしょ?)

豪快に笑うから、彼女のマスクが大きく揺れた

いただいた桜ご飯は手の中でまだあったかい

去年の桜を届けてくれるなんて

モウ~

ホロリとさせてくれるじゃありませんか

(ご馳走様)

って景気良くおおきな声で言ったら

振り返って

(今年は、漬けるの止めようと思うの?)

問わづ、語らず。。。。ネ

目と目を合わせる

放射能のことは

お互い、話題にしたくないもんネ

愉快な話題ではない

深刻すぎる

4月12日

レベルが7にあがった
[PR]
by artartart100 | 2011-04-11 20:49

負の財産

負の財産



画家は光を描きたいとき

まず

影を考える

濃く影を描くことによって

光の強さを表現する

心も同じだと思う

強く明るく、生きて行こうとすれば

オノレの弱さや、だらしなさ等を次第に意識するようになる

足元を片付けなくては先が見えない

画家が、光と影をきり離しては、制作が出来ないように。。。

サテ、絵のことはさておき

問題は心!

私の抱えた負の財産

どっしようかなあ~

コレは、ずいぶんと貯まっているんじゃないかナ

前に進みたいと思いながら

どこかで

このままで良いワ

弱いままだってかまわないし

くさいものにはふたをすればいいし。。。

あるいは

一生

精神が自立しないままでも

モウ、いいかあ~

この様子はまるで

前をむきながら

目をつぶり

光を手で捕まえようとしているみたいダナ(笑)

こんな財産は自然に貯まっていく一方だ

でも、ないよりましな負の財産ってことも

ありだと、どこかでささやくのです

アリです!って

。。。。。。。。。。。。。。。。



最近になって

こんなことを思うようになりました

あるとき、フイに

負の財産は豹変し

より大きな光となるのではないだろうか?と

どうやら、人は

どうしても、何かにキチンと向き合わねばならない瞬間があって

そのとき、ピタっと納得できる形で

光の存在も影の存在も自分の前に現れ

それを的確に捕まえることができるのではないか

なんの努力も求められないままに

人知を超えて現れる解決のとき。。。

ヒョイっとその時はくるような気がする

グッドタイミングは

来ると思える人には来るし

こないと思っている人には

きっと

想定外に訪れるノダと思う

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


自身にある、いい加減さと、やたらと勘のさえたところがある

マグマみたいな存在が

わたしに話しかける

大丈夫!

負の財産、いっぱい貯めてても

時は来る!って

未解決でも、引きずってても、膨れ上がってても

そのままでいい

その声はいつも優しく、大きい

人間の解決方法には

想定外のやり方もありだと思えばいい

穏やかにささやく

待ってようか!

出来ることから

コツコツと。。。。。。。。。それでいい
[PR]
by artartart100 | 2011-04-08 21:57

儀礼的距離化

儀礼的距離化



テレビで、被災者にインタビューをしていた

若いお母さんだ

夫、子供共、命は助かった

友人、知人、親戚の多くを失ったと言う

そして

日常の一杯つまった我が家は

津波に流されたと小さな声がつぶやいた

ローンが始まったばかりの家なのだ

背中と手だけ映し出された彼女は少し震えている

夜になると、涙が止まらないのです

声を出して泣きたくとも、すぐ隣で眠っている人の邪魔になると考えて

泣けません

思い切って泣くことはできないのです

人は大切な人やものを失ったとき

今、なぜ涙がこぼれて止まらないのか分からないことがあります

どうしたんだろうと、首をかしげているうちに

打ち消せない事実と

喪失感が

身も心も占領してしまいます

そして

最悪なのは

くり返し、幾万回したであろう、後悔や懺悔が苦しみとなって

わが身を攻めはじめるのです

涙はとどまることもなく

くたくたに疲れきるまで溢れつづけるのです

。。。。。。。。。。。。。。。。

こんな人のそばにいる人はタイヘンです

一体どうしたらいいのでしょうか?

そんな時人は知らぬ間に

(儀礼的距離化)ということをしているそうです

ラッシュアワーの満員電車で隣の人と、体がどうしても密着してしまったら

その人から意識的に目をそらしたり

ほんとは丸見えなのに見てみないふりをする結界とかは

この儀礼的距離化として知られています(ある先生の言葉。。より)

。。。。。。。。。。。。。


わが身の自立心のなさ

一人で立っていないではないかと気づいたとき

ふわ~っとひらめくようにして思い出したのが

この言葉だった

☆ 神様はドアを閉めたとしても

必ず、どこかの窓を開けて下さっている

。。。。。。。。。。。。。

彼女のインタビューは終わった

マイクはつぎの方に向けられていた
[PR]
by artartart100 | 2011-04-05 11:49



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧