ArtArtArt

<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

涼しい

涼しい



台風6号が去って涼しい朝が来た

歩いても疲れない

食欲がみなぎる

なんといってもきげんがよろしい

これらは

ワタシのことでもあり

猫たちの事でもあります

猫たちは、いつもに増し

しっかりと食べ、大運動会をし、家中のパトロールも

手抜かりなく行い

相手にちょっかいを出し、けんかのまねごとをして

床にゴロンではなく

暖かい

クッサンの上でスヤスヤ、、、、、、

さて。。。と

猫と違って私は

夏、涼しくて風の強いこんな日に

どうしてもやるべきことがあるのです

それは

草取り

涼しいから

まず日射病の心配がいらない

風が強いと草取りの宿敵蚊もいない

湿気が無いから体調も万全

そう

今日は、

草取りの最適日であります

そこで

首にはタオル、長靴

いでたちも軽やかに

思う存分草取り日を満喫することになった

実は、草取りだけではない

ツイデに枝切にも励んだ

どうにも我慢がならなかった妙な按配に伸びた木の枝払い

庭仕事が

おわった後は

ルンルン気分

そして、その結果は。。。。

ジャ^ン

80×65センチの千葉市指定家庭ごみ用ビニール袋に

ジャ~ン

テンコモリ詰め込んだ草や小枝が4袋~

それが本日の戦勝品だ

ミニトマトも少しばかりいらない枝を整理したから

ボウボウとした姿から

見た目も

本来のかわいい姿に戻った

やぶかんぞうが信じられないことに

もみじの間から数本

にょきにょきりと顔をだし

わたしもオレンジ系ですと言わんばかりだったのが

それも

とうとう

お引取りいただくことが出来た

完成した庭を眺める

暑さに負けて今日まで

見ない振りしてきた荒れた庭が

よみがえったと

すこぶるに

満足!

そうだ

夜は

クーラーなしで

猫たちとあそぼっと!
[PR]
by artartart100 | 2011-07-21 22:03

がんもどき

がんもどき




がんもどきにはまっている

作って、朝食に食べたい

寝苦しく

暑い夜が続いているから

当然、毎朝、早起になる

台所で遊ぶ時間が増えたのはソノセイだ

材料は

豆腐、小エビ、とろろ芋、にんじん等の夏野菜、ひじき、片栗粉それにあればきのこ類

水をきって使うう豆腐は、しっかりとした木綿が良い

丸くしてフライパンで蒸し焼きにする

ウラ表にしっかりと時間をかけよう

えびが生だと困るから。。。。。

さて

だし汁は凝るときにはしっかりと作るが

たいていは、ものぐさ向けの蕎麦汁などに使う既製品を使う

さっと有り合わせのを薄めてはって

あつい出来立てのがんもどきにかける

大根おろしとしょうがを添える

フワフワで

あっさりしていて、

おいしい

そうだ!

また

明日も作ろう!

今朝はなすのカレーでした。。。
[PR]
by artartart100 | 2011-07-20 10:50

夏ゲット

夏ゲット



毎年秋になると

今年も夏に、一本取られたナ。。。。と

暑さ負けのわが身にハタと気づく

肌はボロボロ、気持ち皺も増え、表情までさえない

見た目勝負で生きたいのに

鏡が強敵となるなんて。。。。。

よおし~今年は夏子で行こうとブログで張り切った

実は。。。。。

まだ、張り切っている。。。。。のだ

太陽を避けながら歩いたり

食事だって気は抜かない     エッヘン

というわけで

体調はすこぶる良好だ

体脂肪も減り体重は変わらずに

見た目はほっそりと見え始めた    エッヘン

昨日は

スタイルいいですねとか

美人はお得ですねとも言われた     エッヘン

モチロン

わたしが買うべく

商品が

両者の間にデ~ンとあるのだが。。。。。    (笑)

この調子で

あと2か月

前向きな夏をおくりたい
[PR]
by artartart100 | 2011-07-16 11:25

泣かない

泣かない


姉がバックを作ってくれた

ビックリするほどステキなバックだ

ながめているだけでも気分がいい

でも

使うともっとうれしい

便利なのだ

大きさといい色、形すべてが申し分ない

手になじむとはこのことかしら?

使わなくなったショールをひも状にほどいてつくったんだそうだ

まるでカラフルな竹を編み込んだみたい

強く整然としているが

市松模様が単純でやさしさをかもし出す

いろんな表情が細くつないだ色から

無造作にチラホラ。。。。。

ソノ姿、素朴で懐かしいような味さえする

モノやお金にこだわらないで生きていきたい

そう強くおもった矢先に

美しいバックとの出会いだ

コレって

神様がわたしにくれた

無理せずに自然体で生きなさいというメッセージなのかしら (笑)

素直にうれしい

。。。。。。。。。。

お墓参りをした

暑い日なのに

すでに先客が来ていらして

息子の好きなマーク、水のボトルとコーラがお供えしてあった

しのんでくださって

ありがとうございます

声には出さずに手を合わせた

いろんな人に支えられ

こんなにも分かりやすい

喜びを頂きながら。。。。

ヤッパリ

涙が止まらない

キョロキョロ

あたりに人がいないのを確かめてから

大きな

ため息をついた

こんな姿みたら

息子に嫌われるだろうなあとおもいながら。。。

手を合わせながら

泣かないでヨと

自分一人用に出したちいさな声で

つぶやく

あたりは蝉の声
[PR]
by artartart100 | 2011-07-14 21:38

そういわれると。。。。

そういわれると。。。。。。



暑くなると

怠け者にみがきがかかる

ほお~なるほど。。。。自分に出来ることはドレカナ

って思う以前にデレデレ。。。。

今日、先生が

ニコニコしながら

授業開始、開口一番

デレつく生徒たちを

こんな言葉で

励ましてくれた




。。。。。。。。。。。。。

富士山は 夢に見るこそ 楽しけれ

路銀は要らず 草臥れも せず  (笑)

。。。。。。。。。。。。。。

座っているだけに見えるのでしょうが

ここへ座りに来るのも

なかなかなんですウ~ (笑)
[PR]
by artartart100 | 2011-07-13 08:15

不如学

不如学


尾崎咢堂の書、(学ぶにしかず)が田舎の家にかざられていた

ソレは丸くてやさしい書体だった

天井が高くて、暗い部屋

懐かしいというより

むしろ

不思議な感慨でそれらをおもいだすことが多い

そこには、今は亡き人たちが沢山生活をしていた

ワタシは大人たちの後ろで

さまざまな音や声を聞き

また

視界に飛び込む鮮やかな出来事に心奪われたりしながら

少女時代をおくっていた

写真に残っているソノ頃の私

色黒のチビは

四角い膝小僧がやたらと目立つ少女だ

きっと

うんとやせっぽちだったんだと思う

遊びつかれ

ふと紛れ込む部屋には

いつも、がくどうの書が当然のようにしてかかっていた

その字を

寝転んで眺めるのがすきだった

それは決まっていかめしくてやさしい感じがしたものだ

寝転んで眺めるとわたしを落ち着かせてくれ

きっと

何度かは

眺めながら寝てしまったこともあったんだと思う

昼間でも暗い部屋だった

額はそこにとてもよく似合っていた

それらは思い出というより

あまりにも鮮やか過ぎて



田舎に戻れば

そのままの姿で存在しているようにすら思えるのだ

不思議なのは

その額が実家のどの部屋にあったのかが

思い出せないことだ

下から見上げた黒っぽい額は記憶の地図で

迷子になったままなのだ

姉たちに聞けば即座に解決するだろうその地図の一点は

わたしの記憶の中で

いまや

別の姿になっているのかもしれない

今年に入って

いろいろと学ぶことが多い

学んでいると

寝転んで額を見あげている少女が現れて来る

不思議な感慨がこみ上げる

色あせない思い出は

何故か

少し

哀しい
[PR]
by artartart100 | 2011-07-10 17:45

ぐしゃ

ぐしゃ




昨日の午後、あまりの暑さにボ~つと空を見ていたら

柿の葉に

恐るべし

毛虫の大集団をみつけてしまった

早速長枝切はさみの出動

ねらいを定めてパチン..パチンとけむしのいる枝を切る

けむし付の枝は

ビニール袋になんども包みなおし毛虫は生け捕りに。。。。。

若い頃は

さっさと殺生が出来たのに

最近はそれができなくなってしまっている

自分から手を下せないのだから

毛虫は

生ごみとして処分することしか方法はない

毎日食事ごと、生き物を頂いているというのに

矛盾だらけのワタシは

この手での殺生が出来ない

こんな

中途半端な自分と向かい合いながら

ビニール袋のくちをしめようとしたその時

ぐしゃ

かかとをひねってしまった

視界がガクンと低くなって足がすぐに痛み出した

わ~わ~わ~

わたしの大声に夫がどたばた庭に助けに来てくれた

一分でも速い処置が必要だ

夫の協力で応急処置は間髪いれず、すぐに完了した

それでも

夜になって少しだけ熱が出た

足を上げ冷やし続けたらだんだん痛みが楽になって

朝方涼しくなってきたせいか良く眠れた

主治医の先生はわたしのぐしゃと言う音が出たという話に

レントゲンを4枚も採ってじっくりと写真を眺めながら

骨はどこにも異常ありませんと

きつねにつままれたような顔をなさった

わたしの表現が大げさだったのでしょうか

たしかにぐしゃときこえたんです

まあ

たいしたことはないということに収まり

ハリ薬を頂いて帰宅できた

でもモチロン今も

ちょっとは痛い

病院から帰って

昨日の続きの枝切をやった

昨日と違い今日は

足をガタンガタンと左右でヘンな音を立てながら

毛虫との格闘の続きをすることになった

そしてついに終了

柿の木が毛虫だらけになるのをコレで防いだわけだけど

だれの評価も

当然ながらない

足をかばいながら

人知らずしてうらみず



つぶやいてみた (笑)

。。。。。。。。。。。。。

思うにこの事件で

一番ショックだったのは

ぐしゃという音だったように思う

体の中から聞こえた鈍い音

ずいぶんとドスのきいた音だったなあ

アレって断固

空耳ではない

ひねったのと同時に口から出た

いたいのいたいのとんでけ~の呪文が

二人がかりでの応急処置の手際よさとあいまって

(エッヘン)相乗効果を発揮したんだと

思う

くらくらと

暑い日におこった

毛虫ぐしゃ大事件は

3日目の今日にして完結!

いたいの本当に

飛んでいっちゃった~ミタイ。。。です
[PR]
by artartart100 | 2011-07-08 21:51

暑い午後に

暑い午後に



友人Mちゃんは夏子です

(暑いのは大歓迎、いくらでも暑いの来い来い)なんて豪語する

挙句に(ワタシは夏子です)なんてすまし顔だ

ワタシといえば

そんな夏子にため息でこたえるばかりの情けなさだ

本当のことを書いてしまえば

暑いのは苦しいし、かと言って寒いのもそんなに歓迎だというほどではない

ぼんやりとして生あったかいのも眠くなるばかりだし。。。。

じゃあ、ナンだネすっきりといえば

暑くもなく寒くもなく湿気も高からず低からず

風もきつからず弱からず。。。。。じゃないと

満足しないのか?ということになる

う~ん残念ながら

そういうより仕方ない

要するに

贅沢病といわれているアレなんですヨわたしは。。。

じゃあ一体

一年のうち何日満足な日があるのかと聞かれれば

それは。。。。。。限りなく0に近いというよりない

だって

いくら満足な陽気だからといって

心持がついていけるかという問題だってある。。。。

。。。。。。。。。。。。

あんまりにも暑くて

ブログでぶーたれることにしてみたけど

ぶーたれたところで暑さが楽になるわけじゃない

思い切って

あついの大好きなんて大きな声で言って

Mちゃんの弟子にしてもらおうかしら?

今、コレちょっと本気なんです

形から入ってみることにしてみようかと本気なのです

さあ

思い切って

夏子宣言してみようっと~

夏はいいなあ~豪快に暑いと

生きてる実感がわいてくるぞ~~~~

夫はそんなわたしを見て

あくびをしたゾ~

舐められたモンですワ
[PR]
by artartart100 | 2011-07-03 15:46



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧