ArtArtArt

<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

幸せさがし

幸せさがし


風呂上がり冷たい水がおいしい!

暖かくなりすぎた体が欲しがる冷たい水は、単に美味しい水ではなくて、

幸せを運ぶ水としてのイメージがある

喉を通る時の爽やかなしぶきは、瞬間、何にもましてわたしを幸せにする

義務感や、世間的な見栄、プライド、母としてや、妻としての立場、

もう若くはないという自分の立場「年寄りとしての自覚」など

自分から絶対とりはらうのが不可能だと思いこんでいたことから

ただ一度だけすべてから、スルーしたことがある

二ゲルことができない苦くて苦しいことが背景にはあった

それは

スルーしたなんて、格好つけて言えるようなことは当然、なにひとつなく

だだ

みっともなくて、みじめで、せつなくて、むきだしで

いいとこなしの自分を曝け出しただけのことなのだが。。。

しかし

スルーしたという行為そのものからわたしは、おもいかけず

その時まで

わたしが心底でもとめていたものがなにだったのかを

確かめることになったのだ

スルーするという

その方法が一番よかったのかどうか

そして

今では

ブレイクして捨てさることで得たものが、今後どのようにして

わたしのなかで

収まっていくのかは

これからの私自身の生き方にかかっているんだと

おもうことにしている

とにかく

私の中で出口をもとめていたものたちが

溢れ出し、あぶりだした思いは、苦くて苦しいものだったことは確かだ

苦くて苦しい事実と闘いの間

しんどさに

自分はここに、存在すらもしていないのではないか?

「ふいのことですもの正々堂々と出来ないのは当たり前だ」

とか、ぼんやりと考えたりもしていた



しかし

当然

そんなやわなたわごとは、すぐに、打ち消される

事実がある

その上、わたしは、

理性で、本当は

今おこっていることがいつもキチンとわかっていたのだ

認めなくてはならないと。。。。

分かっていた

多分ずっと泣いていたんだと思う

涙は、ブルンブルンと飛び散っていただろうか

あの時から、もう3年7ヶ月過ぎた

「コップに差したコスモスが少し大きく見えるのは?新しく変えたメガネのせいかしら?」

花が小さく揺れている

幸せに大小があろうか?

思った通りのサイズで幸せはあるのだ

スルーして爆発してモエカスになってからわかったこと

それは

幸せに、大小はないという

そんな簡単なことだったのか?

欲しい時に水が飲める幸せを、飲み終えてからも

わたしは、シッカリ覚えていなければならない

覚えているということは

共に在るということだから
[PR]
by artartart100 | 2013-09-25 23:51

ヤンヌルカナ

ヤンヌルカナ


15個、小さなクッションを買い込んで

勢い込んで作った3個の猫ベッド

これが

我ながらなかなかの出来映えで、うれしかったのたのは、束の間

今、

そのうちの2個を捨てようかと思案中だ

なぜかって?

いずれもチータンのオシッコのせいで臭いからです

洗っても、干してもダメ

何を振りかけても、親の仇でもあるまいに。。。。

またまた

チビはいそいでそこに駆け寄るのだ

無論オシッコをするために

しかし

3個のうち

最初につくった1個のベッドは

辛うじて無事!

それは、完成して以来ずっとサンパが使っているからだ

最近、トイレと食事以外ではこのベッドを長く離れようとしない親分は

チビにすきを与えない

ちょっとした瞬間に狙いを定めてオシッコをするのは至難の技ですもの

さすがのチビも都合良くサンパの留守中に用はたせない

さて、

チータンの弁護をするわけではないが「しているかな?」

四ヶ月のチビとはいえ

彼はどこにでもオシッコをしてしまうわけではない

唯一、このベッドがトイレと錯覚するらしい

よりによって、どうしてこのベッドなのかなあ

ヤンヌルカナ

次のゴミ収集日、2個とは多分泣き別れになるのだろう

このベッド!

三つ並べてと、完成後を夢見てつくったので今もってミレンタラタラで

ガックリしながらも

しかし、こんな仕打ちをされても

やっぱり、チビはかわいい

しからなくてはと思い、型通りにしかるのだけれど

途中で馬鹿らしくなってしまう

ヤンヌルカナーだじょー

膝の上のチータンは勿論、返事なし
[PR]
by artartart100 | 2013-09-22 02:14

さむっー

さむっー!


スイカやかぼちゃと同様とーがんも、丸ごと一個いただくと

まず、置き場所を考えることになる

庭の片隅で勝手に育ちましたと、頂いたのが大きくてびっくり!

肥料も水もあげずにこんなに大きくなって、世話なし育ちですとの

コメントはすぐには信じられないほど

切りわけるまでは、全部食べ切れるかしらとの躊躇もあったのだけれど

すっきり切り分けて冷蔵庫に収めたら

アレアレ!

あっという間にみーんな食べちゃったー!

トロミをつけたり、味噌やカレー粉の迫力のある味とのコラボも楽しい

ご馳走様!と頂いた方に報告したら

エッー全部ぅーと絶句

ほらね、私ってなににつけても限度がわからない人なのよね

来年も期待してねとにっこりされたけど

わたしー本当は、とーがんが好きなのかどうかわからないのよ

目の前に現れたものにアタックしてるだけの今日この頃の自分に

内心いささかの疑問があるのですけどー

今朝、早起きしたら少し肌寒い

ガスに火をつけようとキッチンに立ったら乾燥したとーがんのたねが

一個レンジにくっついていた

秋がそこまで来ている

一つ大きなくしゃみがでた

さむっー!
[PR]
by artartart100 | 2013-09-19 05:06

いつのまにか

いつの間にか


レオという立派な名前をつけてから

暫くは

新人ならぬ新猫の「レオ」は我が家で

きちんと「レオ」と呼ばれていたのだが

最近では、

レオの前に「こらっ」がつくことが多くなって、

事情が変わった

「こらっーレオ」ではなんだかなぁー

こらぁーのあとのレオは、いいずらい

レオはラテン語でライオンの意、こらっーライオン!??

いいずらい!

イタズラを見つけると、まず

「こらっー」と怒鳴ることにしている

怒鳴りながらドンドンと足踏みもする

大きな声と物音にびっくりして、彼はキョトンとしていたずらをやめるという寸法だ

「しかし、ここでびつくりするのは、彼だけではない

大体何時もチビと一緒にすごしているラッテはとなりで

気の毒にもチビよりも盛大に飛び上がることになる」

二匹は、大きな声と物音のセットはNoのサインだと理解している

サンパは、イタズラはしないから、大声にも物音にも「我関せず」の様子だ

「もうっー」とブツブツいいながらも、わたしは、イタズラの後始末をはじめる

一方、彼は、キョトンの後

爪先立ちでちょっと肩をいからせ威張ったような、やせ我慢のような

独特のスタイルでピヨーン、ピョーンという具合に調子をとり、突然、やみくもに走りだす

その姿はまるで、まんが!

まんがでよく見る表現に足が車輪になったように描かれることがあるが

レオの足はそんな時、正に車輪付きになる

大きな耳を後ろに伏せながら、勢いをつけての走りっぷりのよさは、敵ながらもアッパレで

わたしは、まいど

不覚にも笑ってしまう

逃げだすその小さな後ろ姿は、どうみても「レオ」ではな くて「チビ」

いやいや

「チビ」でもなくて、「チータン」と呼びたくなるような様子

どう、ひいきめにみても、百獣の王ライオンとは、程遠い様子なのだ

そんなわけで

立派な「レオ」という本名に代わって

いつのまにやら

「チータン」はチータンとなっていた

いつの間にかかわったものは他にもたくさんある

うちにきてまもなく、迷い子札のついた首輪をつけることになったのだが

その首輪には、センスのいい小さな鈴が一個ついていた

これがいつのまにか大小取り混ぜニ個ぶらさがるようになったのだ

彼のあまりの行動の速さに、鈴一個では 役に立たない

鳴らない時があるのだ

そっと動くときなど、わたしたちには、聞こえない

一個から二個にふえたおかげで

動きのはやいかれが、突然目の前に現れて吃驚させられることは少なくなった

体が小さい上、動作がはやいので

所在がハッキリしていないと、何処かに閉じ込めてしまったかしらと

心配になる

鈴の音さえしていれば安心!安心!

というわけだ

さて、

チータンはイタズラのみならず、ストーカーでもある

ラッテがうごけばかならずその後ろにくっついているし、

わたしの動きもすばやく察知して、くっつきまわる

ときには、

待ち伏せたりしたりもする

そう

いつの間にかチータンはわがやでNoワンの

存在感で、どこにでも、君臨しているのだ

「今のところ、長老のサンパのうなり声だけには文句無しに降参のようだがー」

さてと、タイトルのいつの間にかだが、

これは、

いつの間にか?ではなく、なんらかの理由があるということがはっきりしてきた

それは、いずれも

理由とはいえないような

ささやかな理由ではあるのだが。。。

理由はある

こうして、書いていて納得して、笑っています 笑

猫と一緒の生活は、

彼らがわたしとかかわりなく、静かに眠っているときにすら

笑う種はちりばめ続けているということだ

思い出し笑いにしろ

笑う種は、多いほどいい

いつの間にか?笑いだしながら

そんな事をおもう
[PR]
by artartart100 | 2013-09-14 15:33

猫のベッド

猫のベッド



朝夕ずずしくなっのたので

三匹のヤンチャな猫たちの為、ベッドをつくりはじめました

100均で小さな座布団を幾つか買ってきて、

チョコチョコと縫い合わせるだけのものだ

つくりはじめたら

不思議! 不思議!

何故わかるのか、

自分たちのものなんだとばかり

三匹揃ってお手伝いに余念がない

はやくいえば、わたしの邪魔をする

余りのうるささに、「いいかげんにしてよー」と何度か叫びながらも

昨夜

一個だけ完成した!

今朝、どの子が寝てるかなと覗くと

一番興味なさそうだった長老のサンパが

ベッドを占領していた

よほど気に入ったのか

今日はほとんど丸一日猫ベッドの中だ

さあ!

あと、二個がんばるぞー
[PR]
by artartart100 | 2013-09-12 17:51

きれいになれたらー

きれいになれたらー



お化粧をし終わって「マシになったなー」と内心少し頷きながらも

でも、でもと

つくづく思うのです

本当は、もっと、もっとキレイになりたいのです。。。と

欲張りなわたしの夢が歩き出す

もっとではなくて、もっともっと、、、と

では、わたしが、夢見るキレイとは?

それは。。。。

肌が綺麗で、目鼻がバランス良く上品で、全体には清潔感が溢れ、

かつ、個性的でもありたい

書いているだけでもなんだかうれしくなる、そんなキレイさだ

どうして、外見にこだわるのか?ですって?

そんな風な自分だったら、勇気凛々になれるからです

キレイさを武器にして、何事にもゆうきりんりん立ち向かえそう!

たとえばホンの少しだけでも、肌の調子が良くむくんだりやつれたりもしてない時には

ミラーのなかでわたしは、健康的で機嫌の良い人にみえる

それを見て、うれしいから、わたしは益々健康的で機嫌の良い人になるのだ

そんな時には、素直で、その上上品にふるまおうとする

そして、その振る舞いからは

本物の品だって生まれることだと思う

まあ、残念ながら、どう転んても目鼻立ちに変化はないのだがー

さて

そんなにきれいになりたいのなら、美容整形という手もあるとはおもうのだが

それは、今のところ、わたしのなかでは選択肢にない

というよりは、勇気もない

病気でもないのに、注射にもメスにもちかずきたくない

そこそこのおこずかいを捻出して、新しい化粧品を求め

ドキドキはらはらしながらその結果を待つ

化粧品を使うことへのスリルは

なかなか楽しい!

紅やアイメイクにはチョットした変身も期待できよう

でも、毎日

お化粧するっていうのも案外エネルギーがいるものなんです

年なんかを考えると

チョっとした勇気だっているのです

結果、やっぱり思うのは

あーぁー、化粧なんかしなくとも、満足出来る美人だったらなあー、、、、と

勿論、注射やメス、化粧なしがホンモノの美しさだと決まっていますからね

でも、

事故かなにかで顔がどうかなったりしたら話は違う

きっと、化粧なんて、トロいことしてないでしょう!

ということは、今のわたしの容貌は事故だと意識していないわけです。。かね

「年を重ねてからのじぶんの容貌は、自分でひきうけろ」

「賢いカラスは、黒く化粧する」

自分をみがけばもうちょっとましなことを

教えましょうと、使い慣れたミラーはいうのですが。。。
[PR]
by artartart100 | 2013-09-10 23:29

カラスの唐揚げ

カラスの唐揚げ


「ねぇ、聞いてよ、母がね、カラスの唐揚げ食べたと聞いたそうなのよ」

回覧板片手に、お隣の奥さんと話した時のことだ

彼女のお母上は老人ホームに入居していられるので月に数回ご親戚、兄弟たちと

日を決めて、お見舞いにいらしているのだ

彼女がいうには、母上が健康診断のためホームを空けていられたその日のランチが

カラスの唐揚げだったとのことなのだ

お母上は頭がハッキリなさっておられる上、ユーモアたっぷりな方、

ふふふふと笑ながらのはなしなので

安心して、聞くことが出来たそうだ

問題は、プリントされたその日のメニューにあったらしい

確かに、とりと烏とはよく似た漢字だ

さて、

烏は、鴉と書くこともある

大笑いのあとで、この二つがどう違うのかをネットで調べてみた

烏は、カラス全般のことをいい、体が黒く目が何処にあるかわからないので

「鳥」の漢字の目に当たる場所の横棒を除いて「烏」とした

鴉は、ハシブトカラスなど嘴の太いものを指すそうだ

カラスの唐揚って聞いたこともないことばは

発音してみるととてもユーモラスだ

漢字の一本の線のあるなしを巡ってはずむ親子の会話が

平和の象徴のようにも感じられる

わたしには

九月に入ってもまだ暑い毎日に

一服の清涼剤になった

でも。。。。

食糧難を経験したことのあるお母上たちにとっては

もしかして

笑ってばかりはいられない思い出があるのかもしれない
[PR]
by artartart100 | 2013-09-10 11:27

あさになったのでまどをあけますよ

あさになったのでまどをあけますよ


八歳になる孫への誕生日プレゼントに選んだ本のタイトルは

「あさになったのでまどをあけますよ」

珍しく、本屋さんで一目惚れした本だ

各ページからは

印象的な美しい絵が目に飛び込んでくる

文字は全編、タイトルのくりかえし

何気ない日常生活

朝の空気

聞き慣れた声

幸せとは?の

こたえがリズミカルに美しく

圧倒的に、厳かに

聞こえてくるような気がする

小包みにしたのが五月、送ってからもう、数ヶ月もたつというのに

本の中の鮮やかな緑色の景色が

わたしに

希望を思い出させてくれるのです
[PR]
by artartart100 | 2013-09-09 02:14

せ⚪

せ⚪


遊びに行く前に、何処に行くのかその場所を母親に告げることー

母と交わしたこんな些細な約束事が

幼い父には、重荷だったという

こことおもえば、あちらへもいきたい

ましてや友人たちとはなしがまとまれば

思いも掛けない場所にピョンピョンと移動もしたい

いちいち、母親に「次はこちらに参ります」などと、報告していたら、

埒があかない

考えた父は、

母親が、何処に行くの?というやいなや、

「せ⚪」と大声で叫んで玄関を飛び出すことにした

「せ⚪ってなに?」わたしがきくと

得意げな顔で父は

「世界中のどこかへ」のことだという

そのことばどおり父は

大学を出るや

北京の同仁会病院に赴任となった

数年後、若い父は、独立して北京市、史家小路38番地に外科医院を建てて

独立した

そこで大活躍をしたはなしは、きりがないほどあるそうだ

「せぇまる」と独特ないいまわしで楽しそうに笑っていた父を思うと

何故か、

「わたしは、とうとう一度も会わずじまいだった」祖母が、

そんなヤンチャな末っ子の父を見て

目を細め、微笑んでいるようすが目に浮かぶのだ

父は一生を通してヤンチャを通したので

そんな父に添い遂げた母は、

いろんな苦労を沢山することになった

母をおもう時、わたしは、

いつも

チャレンジャーということばが頭にうかぶ

生活の細々としたことから、ヤンチャな父のしでかした後始末まで

思慮深く考え、そして、着実になにかを実行していった女性だと思う

100歳を超えてなお、笑顔をたやさなかったのは

明治女のお手本だと我が母ながら頭の下がるおもいだ

父の死後

母は、私達一族の希望の星だった

その母も、晩年には「もう、お父ちゃんのそばに行きたいわ」と

呟くのを幾度かきくようになるのだがー

母は2011年4月に

父は、生まれたのと同じ月日にあちらに旅立った

おとうちゃん!

あちらでは、せ⚪なんていって

母を困らせないでね
[PR]
by artartart100 | 2013-09-06 17:30

9月5日

9月5日



キッチリ三日間、肩こりとづつうに悩まされた

竜巻、大雨、雷、地震と

大荒れに荒れた千葉の空を見上げて

「わぁー凄い!

私の体は気圧を感知してるんだー!」なんて

勿論

そんなこと思う余裕は無い

ひたすら、痛みに耐え、我慢、辛抱の三日間だった

で?今、

バァファリン飲んだー

胃薬もー

そして、体は、今や

すっかりOK状態になった

あーぁ

こんなに、簡単に治るのなら速く薬飲めばよかったなぁーとは、

後の祭りのひとりごとです

が、

なにはともあれ三日間つづいた

我慢と辛抱の肩こりとづつうから解放されたのは

ありがたいことです

さて、

今日は息子の誕生日

わたしにとって

彼の命日より、もっと大切な日

この日に合わせて松の枝も届いている

イタリアの庭から、はるばると

それが、まさかの体調不良で

平和公園へ届けにも行かれないなんてー

昨夜、ゆめで彼に会えたから。。。。。

いいのです メーファーズです

でも

来年はコンナ、ヘボイことにならないように

体調管理を。。。。がんばろう!!
[PR]
by artartart100 | 2013-09-05 18:14



ArtArtArt
カテゴリ
全体
今日は何の日?
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧