ArtArtArt

大勢のお客様。。。おもうこと

大勢のお客様。。。思うこと


今週末、沢山のお客様をお迎えする
そこで
今日は準備を少しだけした
椅子やテーブルや皿などの按配を確認
久々に、たくさんのお客様を迎えることになって
いささか緊張している

シドニーでは、お客様だときくと
中華街に行ったり、フィッシュマーケットやらフルーツマーケットに
出かけてまず食料品の準備をしたモノダ
最初に
献立を決め
決まったら、それに疎って買い物をする
私たちの住居は
いわゆるシティとよばれていた所だった
そこでの
生活は便利そのモノ
買い物はとりわけ便利だった
我が家19階だ
そこからエレベータで下りると
もうフランクリンに着く
ちなみに
フランクリンとは当地大手スーパーの名称である
ここは朝からいつも人、人、人でごった返していた
フランクリンの燐りは大きなフルーツマーケットである
喫茶店や、ブティックもあった

ショッピングモールは地下鉄に直結していた
四階はアパートの住人のエントランスで
専用のエレベーターが並ぶのだ
一階は私たちのガレージで
地下は買い物客のためのガレージになっていた

いわゆるゲタ履きと呼ばれているここは、新築で
何処もかしこもピカピカだったから
急なお客様でも
掃除にアタフタしたり、ボロかくしをして体裁を整える必要もなかった

でも
いくら住まいが美しくても、当然お客様はそのピカピカを見に
いらっしゃるわけではない
遠くからおみえのお客様には
疲れを癒して頂くため
心をこめて
食事の準備をしたものだった

特に日本からの、舌の肥えたお客さんをお迎えする時には
随分と気もつかった

シドニーでは当時、ご馳走といえば
伊勢えびだった
コレを使っての料理は、なくてはならないおもてなしのひとつだったのだ

フィッシュマーケットでは大小様々な伊勢えびが水槽で元気よく泳いでいる
水槽を覗き込み、アレをくださいと指差せば
魚屋さんのお兄さんが
新聞紙に、客の指差した伊勢えびをクルクルと包んでくれる
私は、ガサゴソ音をたてる伊勢えびと共に
うちに戻ると
すぐに
それを酒蒸にしたり刺身にしたりした

材料が新鮮なので腕の方は問題にならないところが
ありがたかった

しかし
なぁ~

どこをとっても
今の生活とは、180度ちがうなぁ~

椅子をガタガタ動かしながら笑ってしまう

今日はその
違いを楽しみながら(ハ、、、余裕です~)

どうやら週末のまとまりも見えてきたところだ

そのまま
4~5日後
いざとなった時に
すっかり忘れてしまっているのが
恐ろしくて。。。。 (笑)

椅子や大小のテーブル、大皿等の配置をカメラに収めておいた

そういえば
シドニーではカメラに撮ったり
それをパソコンに入れたり
できなかったんだなぁ~

わぁお~
嬉しいなぁ
できることが増えている~
[PR]
by artartart100 | 2009-03-30 21:49
<< 桜 満開を惜しまず 天網恢恢疎にして洩らさず >>



ArtArtArt
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧